こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

パラドックス13


暖かく、穏やかな午前中は、相変わらず植木屋さんごっこ。
沢山実をつけている花梨ですが、葉に真っ白な虫?それとも、病気?
放置できませんので、脚立に乗っかって・・・チョキチョキ!ほとんど丸坊主にしてしまいました。
a0089450_721681.gif


恒例のお昼寝・・・それから、夕食までに一冊読み上げました。
a0089450_2041394.jpg


東野 圭吾  : 著
毎日新聞社 : 発行

私の好きな東野圭吾さんです。
なにか意味不明な、帯 に違和感を感じながら、
それでも期待して読みました。
むふふ・・・SFっぽい。

13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間―目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾パラドックス)を読み解かなければならない。

3月13日13時13分13秒からの13秒間、宇宙全体にP-13現象と呼ばれる父不思議な現象が起こり、
人や生き物が姿を消した。
地震や大雨などの異常気象、加えて地盤沈下の東京・・・
何故か生き残った8人(後にもう一人・・・)は、それでも生き延びなくてはならない。

世界が変われば善悪も変わる。
人殺しが善になることもある。
崩壊した東京で繰り広げられる究極の人間ドラマ・・・と、これも帯のなかの一文ですが、

例えば、こんな台詞も、高齢者の口から出てきます。
「当たり前の事だが、自然の土地にバリアフリーなんてことはない。エスカレーターもエレベーターもついてない。どんなところも、自分の足で乗り越えていかなきゃいけない。ところが社会が文明と言うものにどっぷり浸かるようになって、足腰の頼りない年寄りでも、平気で外出できるようになった。いかにも自分の足でどこへでも行けるように錯覚していた。いや、錯覚させられていたと言うべきだな。だから、そうした文明を取り上げられたら、たちまちこのザマだ」

確かに・・・現在の社会の秩序とか常識を考え直す事も必要かも知れません。

なかなか面白く読みましたが・・・読了後には、特に何も残らなかった・・・不思議な作品でした。
[PR]
by kosuzume2 | 2010-05-04 23:28 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30