こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

ピアノデュオ

素晴らしいコンサートに行ってきました。
【ランチタイム名曲コンサートvol1.379】:~鍵盤上のパ・ド・ドゥ ~ふたりでワルツを~
a0089450_2037958.jpg

宮川尚子さん・三宅順子さんのピアノデュオ、同じ小・中学校を卒業されたお二人で、友人のお知り合い。
プロフィールによれば、世界のデュオコンクール2台部門、第1位の経歴の持ち主。

宗次ホールでの【ランチタイムコンサート】は料金もお手軽な1000円で、1時間のコンサートですが今日のデュオリサイタルには心から感動しました。
音楽は、とりあえず聴くことは大好きですが実は本当に何も理解できていない私・・・です。

今日の曲目は・・・
シュトラウスⅡ世:トリッチ・トラッチ・ポルカ
モーツアルト:2代のピアノの為のソナタニ長調k.448
ブーランク:エレジーとシテール島への船出
ラヴェル:ラ・ヴァルス   でしたが、お二人が演奏前に楽しい解説をして下さいました。

ナルホド、はぁ^^そうなんだぁ~~と聴くとぐっと身近な感覚で情景がわかります。

例えば・・・ブーランクの≪シテール島への船出≫は、ルーブル美術館にあるの絵画を観ての作曲だそうです。
同じ画を観て、ドビュッシーは「喜びの島」というピアノソロの曲を作ったと、実際に少しですが弾いて下さいまして・・・・解釈の違うプーランクのワルツはお二人で。
こんな曲でした。


最後の、ラヴェル作曲≪ラ・ヴァルス≫についても、 
 渦巻く雲の中から、ワルツを踊る男女がかすかに浮かび上がって来よう。雲が次第に晴れ上がる。
 すると、渦巻く群集で埋め尽くされたダンス会場が現れ、その光景がさまざまなワルツ曲で現わされるが・・・
 最後は、かなり不気味な曲想になる・・・・・・即ち、音楽のアールヌーボーです。
と言われて、聴けば成程、そんな気がします。

途中では、ピアノに全く無縁だった方は?と会場に呼びかけ、舞台に招いての合奏も有って本当に素敵なコンサートを楽しませて頂きました。
4月には岐阜の別の会場でのコンサートも有るようです。
是非、行きたいと願っています。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-01-30 22:49 | その他見聞読楽
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30