こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

地域の子

a0089450_21401334.jpg

今朝の日経新聞の三井住友フィナンシャルグループの広告(9)です。
毎月(?)こんな風に、葉っぱに倉本聡さんの文字があってそれが実に心に優しいのです。

紙面の下半分には、倉本聡と署名された小文があります。

≪甃(いしだたみ) の 町≫
 甃の町の路地裏にある馴染の喫茶店に久しぶりに行ったら、見慣れない女の子が働いていた。あの子どこの娘?とママに問うたら、ママは、エ?と女の子をふり返り、それからにっこり僕を見て、あゝ、地域の子、と事も無げに答えた。
「地域の子?」
「うん、ここらでみんなが面倒見てる子。」
「~~~」
 何だか妙に嬉しくなった。・・・・・略・・・・


昨日、いつもの美容院でちょうどこんな話をしたばかりです。
30年前美容師を目指したオーナーは、住み込みで仕事を覚えたそうです。半年は、実家に帰ることも赦されず、お給料も僅か、子守りも仕事のうち。
岐阜県の高校を出て、いよいよ名古屋に出る日は近所中総出で駅まで見送りに、半年後の初めての薮入りにも、大勢の出迎えで大変だったそうです。
確かにうっとうしく思ったことも有ったけれど、ありがたかったし懐かしいそうです。

今住んでいるマンションは全部で12戸、でもほとんどお付き合いもなく顔を見てもわからないそうです。
ウチも同じ。たった9軒なのに、町内の人の家族構成も顔もわかりません。
輪番の組長も、理由もはっきりしないまま3年もパスしてしまうお宅もあったりします。

「・・・・頼まれたわけでなくああやって子供たちをそっと見ていて、子供たちがやり過ぎると、きちんと叱るの。だから自然とこの村の子供は礼儀や躾が身についちゃうの。」

 思えば僕の小さい頃には、東京にもあちこちにこういう世界があった。
 近所の大人たちに可愛がられ叱られて僕らは次第に成長していった。・・・・・略・・・・・


地域の子って、良いですねえ・・・
つかず離れずのお付き合いが一番難しいのはわかりますが、このままでは非常時がこわいです。
1~8回までの広告です。

今日の食事・・・・1740Kcal(不足:なし) 
      散歩:8500歩

 昼 水菜うどん・根菜の煮物(昨日のもの)・いかなごくぎ煮
 夕 肉味噌おでん(大根・こんにゃく・里芋・卵)・大根葉と干しえび炒め・納豆 
[PR]
by kosuzume2 | 2007-03-17 22:10 | その他見聞読楽
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31