こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

インド式計算ドリル

現在インドの人口は11億を超えたといわれています。大雑把に65億の世界人口の6分のⅠです。6人に一人がインド人とは、すごい!
インドは0を発見した国として有名です。
インドの教育で、小学校高学年の子供は二桁の九九を教わるそうです。間違いなく計算が速くなります。 
a0089450_9522446.jpg
      インド式計算ドリル 中村亨/著 加々美勝久/監修 マニッシュ・プラブネ/編集 出版社:晋遊舎(税込924円)

「九九を卒業した人みんなに贈る魔法の計算トレーニング」と表紙にあります。
インド式計算とは
1)たとえば、「96-19」の答えを出すのに、どう計算するか。
まずは「6」から「9」をひき・・・は、日本式?
インド式は「19」をいったん「20」に考える。暗算で「96」から「20」を引いた76に「1」を足して「77」の答えをだす。
2)魔法の計算術
 同じような理屈で、「65の2乗=?」「√2116=?」「845183÷992=?」という一見複雑に見える計算も驚く方法で解いてしまう。
インド式計算術の解説と練習問題があって、「26400÷48」は8秒で答えてください。
「数の特徴を知った上で工夫して効率よく計算するのがインド式です」は担当編集の安堂陽介さん(朝日新聞〈売れてる本〉から抜粋)

優秀な頭脳を持ったインドの知能の大元をちょっとわかった気がします。
この、柔軟な思考が大きな意味を持つのでしょう。
実は今日の私は和算の講座に初参加する予定でいましたが、雷雨に恐れをなして欠席です。
きっと、和算も柔らか思考と期待しています。

インド式思考はこんな本でも・・・a0089450_1136100.jpga0089450_1132548.jpga0089450_1134280.jpg

[PR]
by kosuzume2 | 2007-06-09 21:07 | その他見聞読楽
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31