こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

いずれがあやめ、カキツバタ

単(ひとえ)の白大島もいいなぁ・・・と、失くした筈の物欲がちらり~
三越の呉服で、お値打ちな物を取り寄せて見せて貰うことに・・・あくまで、義理買いは無用との約束です。

売り場で着付け教室の先生と出会いました。
先生の装いは、極薄のほんのり・・・パステルカラーが入っている白大島に紫の帯。
右は若緑、左はピンクに色分けされた綺麗な帯締め。
a0089450_2013723.jpg

「これは、杜若(かきつばた)の襲ね(かさね)の色なのですよ」といつもの笑顔です。
襲ね(かさね)の色 は、平安時代の十二単での季節や年齢をあらわす色の組み合わせ。

若緑は淡萌黄、ピンクは淡紅梅と言います。
菖蒲(しょうぶ) は萌葱 と 濃紅梅 とか、花菖蒲は・・・ちょっと忘れましたが、濃い緑は青とよばれて何かの襲ね(かさね)の色・・・

いずれがあやめ、カキツバタ。乱暴な見分け方は・・・

  花びらの付け根が、網目状の模様はアヤメ。(網目模様をアヤメというのです)
  花びらの付け根から真ん中に白のすじ(線)1本はカキツバタ。
  そして、黄のすじ(線)1本は花菖蒲、です。

菖蒲は、詳しく調べ始めると複雑で面倒なので私は、簡単に覚えています。

そうそう・・・面白い話を聞きました。
いずれがあやめ、カキツバタ・・・の意味は、比べがたい美しさを例えるのが本来の意味ですが、こんな解釈もあるそうです。

愛らしい娘は、いづれ、あやめかカキツバタのように美しく成長すると期待することだと。
むかし、末は博士か大臣か・・・と期待した、あれですね。

む~、それもありかも!それなら・・・いずれではなく、いずれかな?・・ネ

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
a0089450_21234847.jpg
くり豆、ぐんぐん伸びています。
今、およそ2m。後ろの<やまぼうし>に絡みそうです。
a0089450_21293164.jpg

ピンクの花芽が出てきました。
さぁて・・どうなりますか?
[PR]
by kosuzume2 | 2008-05-22 23:09 | その他見聞読楽
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30