こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

よく見えます~~


おかげ様で、手術終了しました。
お見舞いとお励まし、ありがとうございました。

a0089450_8171779.jpg

なるほど、よく見えます。
手術前後の様子は、ざっと振り返ってみます。

前日、3種類の目薬の点眼を朝・昼・晩・寝る前の4回、必ず忘れずにと言われています。
外食の時は、きっと忘れるでしょう・・・夫にもしっかり頼んで、
これは何とかクリヤー。

が・・・いやぁ~なんと就寝前の点眼を忘れてしまいました。
更に、術前1週間の禁酒も寝酒も守っていませんでした。
トホホな事実はコッソリ隠したまま ~~ 8時45分に病院へ。

簡単な検査、血圧測定の後、化膿止めの点滴をしながら手術開始。
手術台はベッドではなく、リクライニングシートを倒した椅子で、心電図と血圧計を点けられます。
消毒・・・ちょっと痛いけれど、大切な消毒だからね~と、先生の声がします。(痛いといってもたいしたことはありません)
a0089450_8481987.jpg


手術中は(強制執行で)目を開けていますが、見えているものは
 ← のような鮮やかな光。
かなり眩く、刺激的に絶えず動きます。

勿論、人の声や音も聞こえて・・・
まだかなぁ~~かなり長く感じました。


眼帯が予想以上に大きくて、距離感がずれる事に注意さえすれば何をしても構わない術後ですが、
片目を開けていると眼帯の中の目もチカチカと軽い痛みがありますし、何より眼鏡なしでは本も読めません。

ここは、入院中と想定していつものお昼寝体制で、
とにかく熟睡。

072.gif


翌日、検診と化膿止めの点滴の為病院へ行きます。
眼帯と外して、今日からは保護眼鏡で生活できますが、眼鏡は度なしのサングラスをと聞いていました。
それでは読書もパソコンもかなり不便で疲れます。度入りの眼鏡がどうしても使いたい!

外用と室内用の濃さの違うサングラスの他に、普段使っている眼鏡も持っていって相談しました。
結果、これまで使っていた眼鏡の使用を許可されました。
たまたま曇天でしたが、晴天ならサングラスが必要でしょうが眩しくなければ読書もパソコンも不自由なく出来ます。

かえって、見やすくて・・・嬉しい♪ これまで見えなかった暗いところの文字も見えます!
とにかく起きている間は眼鏡を外さないで、寝るときには ↑↑の写真にある穴の開いた三角のプレートで保護します。

通院頻度は徐々に落ちますが、点眼は半年間必要だそうです。
何かといい加減な性格な私は、なかなか守れそうにありません。
あぁ~~困った!

思い出した事を追記↓します。



手術控え室で一人のご老人から
『あなたは、目の玉を取り替えるの?』と聞かれました。
何を仰っているのか・・・・???
『違うわよ』『〇〇さんは、1日も早く手術をしないと、そんな事になりますよと、言われたのでしょう』と看護師さんが応えて下さって、解りました。

透明な水晶体が白濁して、すりガラス越しの視界になるのがのが白内障です。
その白濁を酷くなるまで放置しておくと、水晶体が溶けてしまい、その場合は難しい手術になるようです。多分眼球云々は、その手術でしょう。
年に数人は緊急事態の患者さんがいらっしゃるそうでした。

そういえば、白内障手術はある程度悪化してからの方が良い(茹卵と半熟卵の白味になぞらえて)とか、
経年でレンズがまた濁ってくるので、年齢も遅めのほうが良いと聞いたこともあります。
確かめてみましたが、手術方法が違っているので時期もレンズの劣化も全く考えなくて良いそうです。

凄い進化に、ただ(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!です。

そうそう・・・
眼鏡を新しく作るのは術後2週間という話、理由がわかりました。
新しく入れたレンズは、その位置が安定するまで目の中を動くのだそうです。
落着いてからの視力測定が大切なのだそうです。
[PR]
by kosuzume2 | 2010-02-11 10:08 | 生活
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31