こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:その他見聞読楽( 227 )

黄金比と白銀比

昨日の事ですが、【日本文化のかたちの謎とき】の最終回でした。
先回は目の手術で休んでしまいましたので5回目、
今日のテーマは、≪黄金比と白銀比≫。
a0089450_2154266.jpg
 
黄金比は有名ですが、白銀比もあるのですかぁ?

相変わらず、先生のお話は(私には)わかりにくいです。
その事に造詣深い方には、所謂阿吽の呼吸でフムフム・・・なのでしょうが、無知な私には話が断片的過ぎます。
その上、”いい加減な話ですから適当に~”などと話の先は行方不明です。

良い例が・・・”白銀比、私(」宮崎先生)が言い始めた言葉です”。信じて良いか、わかりません。
a0089450_23263496.jpg
                  ↑  黄金比           と        ↑白銀比の形の違いです。

同じ正方形に、その1辺の半分の対角線を半径とした部分を足すか、正方形の対角線を半径にするかの差で、
黄金比の近似値は1:1.618、白銀比」は1:1.414で、数字的には大差はありません。

講義の始めに6つの四角を見て、どれが好きか?と考えさせられる場面がありました。
ここにその四角を貼りたかったのですが、♪奮闘努力の甲斐もなく♫ 断念しましたが・・・結論を言いますと、
日本人の70%は白銀比の四角を、ドイツ人を主体にした西洋人の70%は黄金比四角を選ぶそうです。

確かに・・・
黄金比は、パルテノン神殿、絵はがき、名刺、テレホンカード、油絵のキャンバス等の美しく個性を現す物に現れていて、
白銀比は、新聞、本、その他各種用紙(例えば、A4・B5など)に見られるそうです。
        
エジプトのピラミッドやパルテノン神殿などが黄金比を元に造られているそうなのが、黄金比。
法隆寺の五重塔生け花、仏像の顔などにも利用されているらしいのが、白銀比。

白銀比は、日本人の感覚にあっているようです。
a0089450_031684.jpg
黄金比の長方形から正方形を取り除くと残る部分はまた黄金長方形で、ここから正方形を取り除くと又黄金長方形が残り・・・無限個の正方形で埋め尽くされていく不思議な性質があります。

その正方形の中で四半円を描き、繋いでいくと螺旋形が現れ、黄金比螺旋と言われるこれは、よく見る形です。

この話は、とても面白いのですが簡単にまとめることはとても無理なようです。
早口でぼそぼそ・・・おまけに、結論は”私はそう思います”が口癖らしい宮崎先生の、ユーモラスな講義は終わってしまいました。

楽しかったです。
[PR]
by kosuzume2 | 2010-03-16 23:41 | その他見聞読楽

2軒とも、行ってしまいました~

暫らく行かないと存在を忘れてしまうお店・・・結構ありますが、
きっかけがあって思い出しました。

a0089450_9303020.jpg

たくさんの花やお洒落な雑貨に囲まれての食事やお茶を楽しめるお店、です。

学生時代のサークル仲間で、秋の旅行を計画することに。
先輩のお宅での相談会にうかがう前にでランチ・・・
a0089450_9432242.jpg

2階の洋書売り場は椅子が、ゆったりしていて居心地が良いので好きな場所です。

岐阜からの先輩を地下鉄の駅で拾ってのご案内先を、どこにしようかしら?と迷っていたところ、この方が思い出させて下さったのが、の2軒。
ところが、一昨日ミニコミ誌に大きく取り上げられていた両店!
予約しておきました。

a0089450_1048529.jpg

楽しく、スムースに計画決定で満足満足な帰り道・・・ランチをしなかったへ、やはり行って見たい~~
a0089450_10281933.jpg

赤いのは、ローズヒップジュース、透き通った飲み物はピンクジンジャージュース・・・珍しくありませんか?
個人的には、ローズヒップジュースが好みでした。
[PR]
by kosuzume2 | 2010-03-14 23:59 | その他見聞読楽

フルーツカービング

一昨日と昨日、、格闘した『筆ぐるめ』の成果、
やれやれ、今日ミニ幹事会でOKが出ました。

名簿管理では、まだ課題が残っていますが(Thりーどさん、アドバイス頂いていますのに(*_ _)人ゴメンナサイ)暫しの小休止。
a0089450_2226477.jpg

ホワイトデイを控えてのデパートに、フルーツカービングが!
石鹸カービングもありましたが、写真がない~~の。
携帯写真は、あまり使わないので・・・と言い訳ですね。

過去のタイ旅行でやってみたいなと、思ったフルーツカービング・・・素敵です。
とっても贅沢ですよね。
今の時期、スイカを使っていますし・・・
それでも機会があったら、やってみたい憧れです。

ミニ幹事会の後は、次のお茶の会へ急ぎます。
a0089450_22462962.jpg

モッチャン、ヨシヒロクンと1年ぶりのおしゃべり会。かなり深刻な病気と付き合っているヨシヒロクンですが、去年より体重も増えて肌にハリと艶があります。
羨ましいほどの美肌~~

いろいろ嬉しい一日でした。
[PR]
by kosuzume2 | 2010-03-13 22:50 | その他見聞読楽

北大路魯山人展

a0089450_22174633.jpg
北大路魯山人展に行ってきました。
魯山人没後50年とJR名古屋高島屋の開店10周年記念しての催しですが、すごい人・ひと・ヒトで牛のあゆみ。

最初の部屋の真ん中・・・ガラスケースには、
a0089450_22335648.jpg
日頃、写真でお馴染の美しい画鉢が、思いがけない大きさでびっくり!人の頭程の大きさでしょうか・・・
わぁ~~・・・・素敵~~・・・ため息ふぅ^^

人混みを縫いながら・・・出口近くの赤い壁面に、ひときわ眼を惹く展示品は、
幻の大作と言われる壁画、「」と「富士
a0089450_21482917.jpg
「桜」クリック拡大できます。
a0089450_21514031.jpg
「富士」

貨客船「アンドレ・ディロン号」の喫煙室と食堂用に制作した壁画は、昭和28年、魯山人70歳の作品です。
70歳でこのエネルギー、圧倒されます。
やはり、只者ではない・・・
昭和55年、船の解体時に処分されかけたこの壁画、今はポルトガルの実業家の社内にあります。

「桜」は3枚掛けの木板に金箔を貼りつけ、陶器や貝の象嵌、鉛などで葉や花弁を描いた美しく華やかな作品。うっとり、見惚れてしまいました。
「富士」は、朝焼けの富士も純金板に描いた作品。漆に油絵の具を混ぜた漆絵です。これは、近くで観るより離れた観るべき・・・ナルホド、壁画です!

この”北大路魯山人”傲岸不遜と噂されながら、書・画・料理・焼き物・漆・などで確かに人を呻らせる人物ですが、どういった経歴なのか?
こんな記事を見つけましたと、ご紹介したかったのですが残念ながら Wikipedia リンクが出来ません。

063.gif


思いがけず時間がかかって、お昼が遅くなってしまいました。
今日のランチは、いつかも行った≪サロン・ド・テ・マキシム・ド・パリ(名鉄デパート6F)
a0089450_23184196.jpg
お手軽な(海老となんだったか?の)ホットサンド+コーヒーです。友人は、マッシュルームリゾット。
ここは、ミルフィーユがとっても美味しいと聞いていますが、お値段はちょっとするようです。

ランチコース・・・3500円位も美味しそうなので、この次に~
[PR]
by kosuzume2 | 2010-03-04 23:30 | その他見聞読楽

十二単の襲の色は・・・

a0089450_06264.jpg
 徳川美術館での≪十二単着付教室≫に、今年も参加しました。
ガーデンレストラン徳川園
でフレンチの食事をして、3時からの2回目。
a0089450_7544056.jpg

お琴の演奏を聴きながら、手際よく前後、2人の衣紋者(えもんんじゃ)さんが着付けをしていきます。
4回目の参加ですが、司会の方のこんな装束姿は初めてです。素敵でした!

10月に挙式予定のお二人、よくお似合いでした。
襲(かさね)の色は≪紅梅の匂い≫、お若い方のものです。
a0089450_23472731.jpg

今回印象に残ったお話は・・・頭と足元のこと。
a0089450_8522018.jpg
頭上の冠、細長く透けるものがついていますね。(えい)と言います。
下に垂れたり、巻き込んだり・・・・纓の様子で位がわかるのです。
詳しい事を思い出せないのですが、上に立っているのは天皇だそうです。
雛飾りの様子、色々ですよね。
a0089450_902531.jpga0089450_9107.jpg

足元です。
足袋(右)のような指の分かれ目がありません。
靴下のような形で、(しとうず)と呼ぶそうです。

十二単も束帯も、難しい名称がいろいろ・・・
[PR]
by kosuzume2 | 2010-02-27 00:59 | その他見聞読楽

お酒のセミナー≪日本酒を楽しむ会≫

何度も止めようか?と思ったことのあるブログですが、
今回は続けて良かった、と心から思い、感謝・感謝です。

白内障の≪多焦点レンズ≫・・・皆様からの応援で、だんだん方向が見えてきています。
a0089450_20321039.jpg

今日は小休止と決めて、読みかけの本を読了したり2回目の『お酒のセミナー』に出かけました。場所は、星が丘三越。
a0089450_20564651.jpg
愛知県知多・東浦の、原田酒造さんの社長さんと杜氏さんのお話を伺いながら、
3種類のお酒と、それに合うお料理を頂きます。
去年10月に偶然知って参加して、今日は2回目。

夜の写真、これもたまたま知ったカメラのテクニック、ISOの変更とシャッタースピードの関係・・・
お試しのチャンスと思ったのに・・・
バッテリーを入れ忘れて、役に立ちません。

携帯カメラでの写真は上の2枚だけしか使えません。トホホです。

今日搾ったばかりの濁り酒は、シュワシュワ~~っと発泡酒のような美味しさ・・・非売品のサプライズで、頂きました。貴重なお味です。
[PR]
by kosuzume2 | 2010-01-23 20:32 | その他見聞読楽

予定、じわり~

先日決心した(大袈裟!)白内障手術、来月2月9日に決めました。
今朝はそのための検査に眼科へ。
a0089450_211316100.jpg

予定では日帰り手術で、所要時間は10分程度。
翌日からは、サングラスをかけて普通に暮らせますといわれて気楽な気分ですが、
手術経験者からは、
なかなか厳しい体験談も・・・まぁ、仕方ありません。何とかなるものです。

白内障というのは、水晶体が白濁するのだという事は知っていましたが・・・・
看護婦さんに聞きますと、
濁った水晶体を人工の物に取り替えるのだという事で、調節機能はありません。
その為に焦点を遠くにするか、近くにするか、決めるのだそうです。

遠くにすれば近くを見るために眼鏡が必要。
近くにすれば遠く用の眼鏡が要る。どうすればいいのでしょう?
結局、片目の施術ですし現状に近い形、つまり近くは老眼鏡を使うということに決めました。

手術に先立って内科の検診も必要なので、明後日は内科に出向きます。
その午後は、メッシュワークのお稽古始めでかなり忙しくなりそう^^

来週月曜日は、浜松の病院に予約が入れてあります。
これまでの主治医が、名古屋大学病院から浜松に移動されて・・・でも、片道3時間かかりそう。
名古屋の病院に紹介状をお願いするつもりです。

2月には、眼科で術前の診察。
術後、2週間は度々通院しなければなりません。
病院嫌い、返上です!


a0089450_22154649.jpg
午後3時半からは、朝日カルチャー≪日本文化と形の謎≫第4回。
この講座の前に通った≪空間思考を楽しむ≫で知り合った優雅なご婦人と、何故か和服で通う約束をしてしまったので、和服に着替えて出かけました。

今日のテーマは『五重塔と三重塔』で、先生の言われるには、
”6回の講座の中でもっとも自慢する回です!日本文化史のシンボルタワーが五重塔と三重塔です。”

プラトンとアリストテレスは、空海と最澄、ひいては高野山:真言宗と比叡山:天台宗にまで繋がって・・・
モスクやアラベスク模様に至る講義は非常に面白いものでした。

先生のお考え・・・私としてはン???な面もあるのですが、
講師の宮崎先生
 「私の考えに左右されないように。正しいかどうかわかりませんよ」って・・・・あり、ですか?

だったら・・・・・・
私でも・・・・
講座、持てません??
[PR]
by kosuzume2 | 2010-01-18 22:37 | その他見聞読楽

100年経ったのね。

a0089450_22314349.jpg

昨日のことですが・・・松坂屋で買い物をしますと、↑の絵葉書セットが付いてきました。
400年の歴史ある「いとう呉服店」(名古屋)が、デパートになって100年目の記念だそうです。

100年・・・って、
もしかして?と数えると、丁度父の生まれた時に重なります。
a0089450_22293286.jpg
そういえば、父の赤ん坊時代の写真がどこかにあります。
この方のところで、昭和初期の素敵な家族写真を拝見した時に、そういえば、と思い出したあの写真・・・

ありました。
アルバムが2冊・・・父の幼い文字や青春の思い出など雑多に貼られているアルバムの存在は記憶外でした。
a0089450_22575260.jpg
そして、これも記憶違いでした。
藤の乳母車に乗っている姿が印象に残っていましたのに、これでした。
右の赤ん坊は父ですが、左は?多分、父の姉でしょうか・・・

こんなの(昭和4年の満州、拡大できます)や・・・          
a0089450_921425.jpg
こんなのも・・・猟銃持ってますが・・・
a0089450_9232363.jpg

誰、かしら・・・?

もっともっと、いろいろ聞いておけば良かった~
今になってみると、知らないことばかりです。
[PR]
by kosuzume2 | 2010-01-16 23:29 | その他見聞読楽

感謝の1年でした<(_ _*)>

2009年もあと僅かになりました。
今年も色々ありがとうございました。
a0089450_22135541.jpg

皆様の・・・美しい写真に憧れて
皆様の・・・美味しそうなレシピに挑戦し
皆様の・・・楽しいお話を追いかけて
皆様の・・・暖かく、優しいコメントが嬉しくて

あっという間の1年でしたが、
小さな旅には7回行き、映画や演劇は20回観て、大好きな本は41冊読みました。
だんだん、億劫な事に飲み込まれていきそうなこれからですが、身辺の記録をこすずめ日記にと思っています。
来年もよろしくお願いします。

そして、皆様にはどうぞ佳いお歳をお迎えください。


More付録・・・今年最後のプレゼント
[PR]
by kosuzume2 | 2009-12-31 22:14 | その他見聞読楽

日本の美と出会う・・・展

a0089450_23341952.jpg
誘って頂いて、
細見美術館開館10周年記念展「日本の美と出会う-琳派・若冲・数寄の心」を
観に行きました。とってもよかったです
細見美術館は、琳派と若冲と根来塗コレクションで有名らしいのですが、無名の作家の作品を確かな審美眼で収集し、若冲作品も早くからコレクションにしていました。

入口近くで出会った印象深い作品は、
柔らかなふっくらした白象の画・・・渡辺始興作、とても好きです!
その隣に、何だったか?確か花の画も・・・好きです^^

渡辺始興、初めて知ったのですが琳派の画家だそうで、この白象の画は、とても有名らしい・・・
a0089450_23354181.jpg
若冲の象と比較してしまった白象ですが、実は俵屋宗達描く杉戸絵の白象の模写らしい。
a0089450_23384739.jpg
a0089450_23425435.jpg

中村芳中 「白梅小禽図屏風」は、梅の木に鳥がいるだけですが、鮮やかな赤い嘴を持った、鳥の表情が魅力的!

まだまだ、素敵な作品が沢山ありました。
細見美術館、行ったことがありません。
いつか必ず~~と楽しみが出来ました。


そうそう・・・お昼に、珍しいものを頂きました。
名鉄百貨店6階、サロン・ド・テ マキシム・ド・パリで・・・
a0089450_23515774.jpg
名前を忘れてしまいましたが、
超BIGなマッシュルームにリゾットを詰めてあります。
これ、お・い・し・い!^^
[PR]
by kosuzume2 | 2009-12-29 23:36 | その他見聞読楽
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31