こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

レディー・ガガ と 臓器移植医師 ・・・ついていけない話。

  の上に黒い電話器を乗(ママ)せて現れる。
  シャボン玉で全身を包んだような服でピアノを弾きはじめる。
                    ・・・・・・略・・・・
 日経新聞(本日)の春秋の書き出し・・・に物凄くそそられました。

a0089450_123569.jpg
大人気の米歌手、レディー・ガガさんが復興支援のために来日・・・思わず愉快な気分になってしまうとか。

震災の翌日=3月12日=には
「日本の為に祈りを」と気したリストバンドを売り出し1億2千万円を寄付されたとか。
(拡大出来ます。) 

レディー・ガガさん・・・いやぁ~初めて聞きましたが、楽しそうな方です。
とりあえず、そのいでたちの画像を探そうとして仰天

>(*0*;)☆ ウキャー!! ! Σ(▼□▼メ) w(☆o◎)w ・・・

                                            ・・・・・ 興味がお有りなら、検索してみて下さい。

とりあえず↑の記事のイメージ、どうにか探して見ました。かなり暗くて見にくいです。
a0089450_1332312.jpg

人は見かけだけではないのも事実。ながら、見かけの印象も気になる事は事実。
その画像にたじろぎながら・・・ウィキペディアを見てみると、改めてびっくりです。


 実業家の裕福な家庭に生れ、
 4歳で楽譜なしでピアノが演奏でき、13歳ころには初のピアノ・バラードを作曲。
 11歳からはカトリック系の私立学校(お嬢様学校)に通い、
 17歳で、過去,世界で20人だけが早期入学を認められたという、ニューヨーク大学の芸術学部=ティッシュ・スクール・
オブ・アートに入学。
大学1年生で、ここをを休学して芸術活動に専念、親元を離れストリップクラブで働き出す。

 堂々とストリップクラブで働いていた。私のような裕福なイタリア系の家庭の出では珍しいことと発言。
 ストリッパーとして生計を立てていたことを明かしている。
 家族の助けなしに生活することで自由を実感したが、家族は認めてくれなかったとも。

ガガはこれまでも、いくつかの慈善団体に関与。2010年のハイチ地震の被害者の為に多くの著名人と一緒に働き、HIV/エイズについても周りの若い女性達にその認識を上げることに非常に率先的である。

東日本大震災に対し「WE PRAY FOR JAPAN 日本の為に祈りを」とデザインしたブレスレットを作成し販売。「収益はすべて日本に寄付、ブレスレットは2週間で1億2000万円以上売り上げた。
さらにチャリティー以外で個人的にも1億2000万円寄付したことを明かし、また、ガガやU2、エルトン・ジョン、クイーンなど38組のトップアーティストの楽曲が収録されたチャリティーアルバム『SONGS FOR JAPAN』が世界18ヵ国のiTunesチャートで1位を獲得した。

過激な映像の数々とこの経歴や行為が、どうしても結びつかなく、ついて行かれません。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%


更に理解できないのは、生体腎移植の臓器売買事件。
堀内利信と言う開業医、名誉と豊かな暮らしを守りたかったのは、本人でしょうか、家族でしょうか?

それにしても暴力団と繋がりを持つ事の怖さ、全く気にならなかったのかしら?
移植後は養子縁組解消の念書が、役に立つとは思えないし養子には相続権も発生します。

その間にも、
患者などとして、暴力団関係者の出入りが始まるでしょうし、恐喝問題もエスカレートするかもしれません。
そこまでの危険を冒してまで得たあの命・・・
警察沙汰になったこれからの先行きはどうなるのでしょう。

勿論、大切だった名誉と財産は失うだけでなく、牢生活=刑務所暮らしもあるでしょうね。

そして、もう少し気になるのは・・・
手術に当って、同じ医師仲間として、やみくもにドアをたたいたとは思いにくい事。
直接・間接はさておいて、きっと仲立ちをした人がいるだろう。
相談に乗った人があるだろう。と、言うこと。


ここで・・・訂正です。
a0089450_2345516.jpg
この記事を書き、UPした後で【NHK ニュースウオッチ9】で、
レディー・ガガと大越キャスターの対談を見て、彼女の本当の姿が判った気がしました。
早くも、YOU TUBE にその様子が出ていました。

インパクトが強すぎ、挑発的な言動の源・・・人間はみな、公平で平等、ありのままを大切にとのメッセージである事がわかりました。私もリトルモンスター(ファンのこと^^)になりそう。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-28 20:09 | ニュース・噂

茨の木(さだまさし)

a0089450_21364491.jpg
さだ まさし : 著
幻冬舎文庫 : 発行

見つけて、即買いしました。
さだまさし さん、何故か惹かれて・・・友人と”ライブに行きたいね”
一致しています。
友人は東京在住、しかも住む世界の違う人・・・
TVドラマ風な表現を借りるまでもなく『上流(過ぎる)の』人・・・
ご主人に言えば即ご招待~、が、いやなの。チケット買って並んで入りたいって。下流には判り兼ねる感情だわ。
うふふ・・・私、ご招待ウエルカムなんですが・・・


さださんがご自身のバイオリンのルーツをたずね、実際にスコットランド・グラスゴーを訪れた話で、
舞台は父上の形見のヴァイオリンの作者を求めてイギリス。
ドキュメンタリーとしてTV放映されたようですが、見たかった^^

タイトルの「茨の木」、とっさに連想したのはキリスト処刑の光景でした。
確か、茨の冠を頭に載せられていたと・・・
ところが、読み始めるとワーズワースの詩に描かれていた「茨の木」と知りました。
初恋の人・浅野翠先生との出会いと彼女によって教えられたワーズワースの詩の「茨の木」探しもも一つの目的。


主人公の真二は、
帰郷した折,実家の酒屋の経営について兄と喧嘩になり家を飛び出した。
「もう来んでよか」それが最後に聞いた父の言葉。
その兄から、突然父の形見のヴァイオリンが届いて・・・そのヴァイオリンのルーツを探し求める旅を思い立つ、ご自身の体験から書かれたようです。

福岡、東京、イギリスと移動する舞台
ビートルズ、ピーターラビットの話、湖水地方やグラスゴーなどの風景や、旅先で出会った異国の人々の様子が、今そこに居るような、そしていつかは行ってみたような美しい言葉で書かれています。

いつもながらですが、登場する人物の心根がとにかくみんな優しい。
すぐに誓約書をかかせるお父さんの子育て、感激です。愛があふれてます。

兄弟姉妹って、
小さないざこざなら、いつの間にか忘れてつきあえるものですが、固くてほぐれないシコリが出来てしまうと、こじれてしまって、修復出来ない・・・却って他人と割り切れない部分がややこしくしてしまっています。私も、そんな一人・・・

そんな時にも、さだまさしさんの心根がとにかく素敵です。兄弟愛、家族愛、人に対する思いやり…
大晦日の年の初めのさだ まさしはほとんど見ていますが、不定期の深夜TV放送今夜もナマでさだ まさしはつい眠くなって見逃してしまう私・・・突き放したような厳しい言葉もあるけれど、本当に心根も暖かさ・・・ほっとしています。

a0089450_22593793.jpg
a0089450_2257567.gif
a0089450_22574682.gif


1月から日経のコラムを書かれていたさださん、先日最終回を迎えました。

「1000年に一度」と言われる未曾有の東日本大震災で・・・(中略)・・・
一体何故これほど政治に苛立つのか、冷静に考えてみたら簡単な事に気づいた。
「愛」を感じなから。すなわち「体温」も。

人が生きるうえで最も力を貰えるものは「人の温もり」。

辛い事があっても誰かの温かな「心」真をに感じられたら、
具体的な援助を伴わずとも人は苦難を乗り越えていけるものだ。

「無能」より許せないのは「冷血」だ。

この考え方、今の私に物凄く響きました。
秘かに信じていた方からの温かな「心」を真をに感じられたら、なによりの薬になるでしょうが・・・・
期待はご法度と心に決めながら、どこかでまって強いがっかりsている自分が情けないです。

それに代わって、
思いがけない方からの温かなお心・・・とってもとてもうれしく力を頂いてています。
ありがとうございます

[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-26 23:50 |

趣味的、熱中症

暑くなっています。
節電の為、色々工夫しながらの暑さ対策・・・熱中症が心配されていますね。

私事ですが・・・
今朝は、明け方から又腹痛に振り回され・・・2度寝をして起きたのは8時過ぎでした。
サクランボを5~6粒胃に入れて、う~~~ん・・・これだけでは、薬はちょっと飲まない方が良さそう。

a0089450_1934418.jpg

頭痛と軽い吐き気がして・・・もしや熱中症の兆しかしら?
夫に伝えると、俺もだ^^と言いながら車でお出掛けぶぅ~~ん。
行先は、ホームセンターです。ほとんど毎日行っています。

熱中症なんですよ~
体調ではなくて、趣味の世界に熱中症・・・笑って・怒って・諦めて、に慣れて来ています。
何かを作ったり壊したり、目を離すと何かやっています。

先日は・・・と言ってもおよそ1か月前の、私の行動が今よりもっと不自由な時、
a0089450_1253081.jpg

\(◎o◎)/!なサプライズ発生~~


今はもういない母の為に、作った小さなログハウス。
平成12年の事ですから、およそ10年前になります。

a0089450_13113574.jpg
洋服ダンスの上の部分が収めて有って、普段使わない喪服などを入れていました。


a0089450_13302717.jpg

a0089450_1331884.jpg
片付けたら余裕なのになぁ・・・そういえば、電気のこぎりの音、ビュンビュン響いていました。
切り刻む前に、一言相談して欲しかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんな破壊的だけではなく、建設的、熱中症もああって、
”いぬ”のトイレの躾を失敗した原因ですが・・・
いぬのハウスもどき######や、サークルを毎日何回も作りなおし、いぬはあちらこちら移動されっぱなし。

は初めが肝心。場所を変えては駄目だよ!と獣医さんからも聞いているのに私が家を留守にするとなの。
帰って\(◎o◎)/!!
言葉を失った過去、何度あったか。


そうそう、TOPのイラストはブログを始める遥か前、私が熱中症に罹りかかった記念もの・・・
ペンタブレットと、ペイントに挑戦したのですが、挫折しました。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-25 19:12 | 好きなこと・もの

夢見るばぁば。

a0089450_22472571.jpg

士には月見草が似合う・・・
さいには雨が似合う・・・
そして、すずめには夢が似合う・・・は、です。

ただ、これまで初対面の人(ここ、強調!)には、夢見るYUMEKO とのイメージを与えてしまうらしい。
すぐに、間違いに気づかれれますがね。

それはともかく、現実の私は、何かを夢見て過ごした事は何もなかったように思うのです。

が、眠っている時はとにかく寝言が多く、それもはっきり言うことで定評があります。
でも、本人は夢の内容など何も覚えていない・・・・誰しも同じでしょうね。

a0089450_22591713.jpg


一昨日の夢、何故か不思議に思い出せて・・・
もうすでに水溜りのように、そして飛んでいく雲のように繋がりもなくなって行っているけれど
サザン大好きなちゃんに、久しぶりにメールしてしまいました。

何と【桑田佳祐】(勿論、あのサザンの)さんと隣同士の席に座って、ちゃんの事を話したの~
100人も入れない小さな、でも、立派な劇場でのこと。

夫や過去にお世話になった親しかった友人の何人かと、どこか旅に出ていた様子・・・その辺りのイベントに、気長に並んで入場券をGETして入ったのに
席もないまま床に座って、私は何故かレース編みの手を止めないで舞台を見ていました。

いつの間にか席に座っている私も不思議なら、
隣にいるのが桑田さんなのも、まさに”夢”だよね。

『赤の空間』と言う出し物で、サザンとは結びつきがないようなものだったけれど、
会場のポスターに 監修:✿✿✿ちゃんとあって、えっ???なんで?
思い切って、どんな繋がりですか?と桑田さんに聞きました。

答えははっきり言葉では思い出せないけれど
何か、遠回しな表現で原発問題と関係のある様な・・・

舞台の2階席最前列の中央から見ている様子でしたが、私があれこれする質問に答えて貰いました。
そして・・・ふふふ、何故か≪豚≫がテーマだった。
夢にしては、まぁ覚えている方で何だかメールしたくなりました。

ふふふ・・・テーマが≪豚≫、に、にやついてしまった私。
だって、色白ぽっちゃりの可愛いちゃんのイメージと重なるから。
自覚がないのかちゃん反応は、あはは^^レース編み~こすずめちゃんらしいって。

でも、私だったら・・・
高橋真梨子さんのコンサートで、隣にはヘンリー広瀬さんに座って貰いたかった。




 
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-24 10:06 | 生活

言葉に出来ない・・・無口に嬉しい♥ 竹崎かに / 友人

今日は、とても幸せ気分に満ちています。
ついでに痛みも消えてくれたら、最高ですが・・・最近痛み止めを減らしていることもあって、根深いです。

a0089450_21562193.jpg

街中のデパートに行きました。用事は、
  ぱえるの浴衣用生地を見に行くこと。
  春に、1度着た長着の手入れ。
  略礼装としての、喪の帯と長着の相談。

車には乗れますから、ドアtoドアなら良いのですが、駐車場から売り場までの距離が測れないのが不安。

お仕事があってお忙しいことを知りながら、知り合いに付き添ってもらって、
行きは夫を運転手に、荷物は彼女に助けて貰って・・・なんて、有難い
ぱえる浴衣地は、去年とは色や雰囲気・印象が違っていました。(今一つ様子が違いますが、↑ )

a0089450_2246561.jpg

既製品にも、買いたい意欲は湧かないし・・・やはり、手持ちの物で作っては?が、3人の結論。
その前に、意志のはっきりしたぱえるは何と言うか、聞いてみます。

それにしても、これまで個人的には親しいお付き合いの殆どなかった同行の友人の
優しく細やかな心遣い、本当に御迷惑だったでしょうに ♡有難さと嬉しさ、言葉に出来ない♡


 ♥ ♥ ♥ ♥ ♥

じゃやぁ~~~ん  竹崎かに
a0089450_22563859.jpg


先日、九州に住む小学校の同級生(  で触れた)と電話で話しているうち、
お互いの今の不自由な暮らし(彼は、簡単な手術ですっきりする予定が思わぬ事態に発展して・・・車椅子暮らし)を話すうちに・・・
蟹、好き?と聞かれ・・・

今日夕方、届いてしまいました。大きなワタリガニ!
蟹の中でも渡り蟹が最高と思っている私、もう、嬉しい・嬉しすぎかも。

鎮痛剤の多量摂取による副作用と言われる、食欲がない+下痢で、摂取カロリーが700Kcal前後。
体重が35kgになったら考えなくてはいけないと思いながら・・・
我ながら考え直して、37kgになった時点で薬を減らして、痛みを我慢しながら何とか食べている、と言ってしまった私・・・

それではと、手配して下さったこの蟹、生きていました。
a0089450_23305511.jpga0089450_23311192.jpg

迷った末、思い切って夫と1匹(でいい?)づつ、蒸し器で15分~~

いやはや、甘い身が例えようもなく美味しい!
そして、お腹がはち切れそう・・・
うふふ・・・お察しの通り、無口に頂きました。

この幸せ、独り占めは罪悪感もちょっと。でも。彼と奥さまの御好意はしっかり独占させて頂きます。

本当に、↑の友人や、幼い頃には話したこともないような男友達ご夫妻に感謝の言葉をありません。
こういうことが生きていると言うことなんでしょうね。
しみじみ・・・感激。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-22 23:53 | こすずめ感謝

喪の帯に変身~かな?

節水・節電の大切さ、今に限らず大切なことだと思う私。
もっと大切なのは、節約!
だから、でもあり。
だから、とばかりも言えないながらの節約・リメイク・・・してみました。
a0089450_1795030.jpg

20歳位の頃、名古屋では最大の劇場:御園座の杮落とし(こけらおとし)用に誂えた絽綴れの夏帯。
当時、錆び朱に銀の亀甲部分は無地でした。

以来半世紀近くを過ぎて、銀は酸化して薄汚くなって・・・処分しようと思いながら、
渋い草花を描いてみたら?と勧められて優しい模様を描いて貰ったのが10年ほど前のこと。
a0089450_1710579.jpg
それでも、やはり派手な気がして落ち着かない・・・と、墨色に染め変えて、でも使わないままです。
裏の色は残っています。

a0089450_17101711.jpg
ところで、最近はお葬儀やお悔やみ似和服を使うことが多くなっています。
先日葬儀を欠席した義姉の法要が来月半ばに決まりまして、何を着ましょう?
着物は、多分渋い色の絽の万筋でしょうか。で、帯は??

喪服にお洒落心は禁物ですが、
昔ながらの喪帯は、何故か気に入らなくてもう少し気の効いたものは無いか?と探してもまだ出会えないまま。

夏となると大体が芯入りの絽帯が定番です。が、何だか絽の単衣に芯入りが重たいように感じてしまいます。
芯を入れない8寸のカガリ帯が欲しい・・・
聞いてみますと、過去には有ったらしい綴の喪帯、今ではもう見られないとか。

そうだ!あの墨色の帯の裏側で良いではないですか~

朱の糸部分には、紗布をアップリケして、(この部分は帯の内側に入ってしまいます。)
こうして赤が見えなければ良いと思うだけは浅知恵かしら?
a0089450_17311151.jpg

そして、もう1本思い出したのがこの帯。
これは、もともと夏の喪帯(紋紗)だったものを、刺繍を入れて貰って使っています。
あまりにも時代物で、タレ先が擦り切れかかったので今ではあまり使いませんが、これも、裏面は黒のまま・・・

しかもほつれはほとんど見えません。
芯を黒ではなく緑にしたのが問題でなければ、これも使えそう~~

明日、デパートの呉服に持って行って相談してみます。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-21 20:55 | 着物

四つ身の浴衣

去年までは、甚兵衛さんを着せていたぱえるですが、
3歳を過ぎて浴衣にしたいとねえこが思っているようです。

既製品、お手軽価格で手に入るから買おうかな~~と、聞いて
思い出したのが古くからからか持っている頂き物の反物。
ミシンで縫えば、1~2日で出来るのではないかしら?
a0089450_10593279.jpg

夫の在職中、しかも東京時代に頂いたもの・・・伊勢丹の箱が歴史を感じませんか?
この、青い斜め縞の物が結構好きで、どうしても処分できないまま・・・

御存じの方も多いと思うますが、
子供の和服は、一つ身≪小裁ち≫→ 二つ身 → 三つ身 → 四つ身 → 別衽(べつおくみ)大四つ身 と、年齢や体型によって色々あり、二つ身・三つ身・四つ身を≪中裁ち≫と呼びますが二つ身・三つ身を作ることは実際にはほとんどありません。
大4つ身は、≪本裁ち≫になるのかなぁ??
a0089450_11531491.jpg

体のサイズを測ってみると、小柄らしいぱえる・・・今なら、一つ身でもぎりぎりセーフですが先の事を考えれば4つ身仕立てでしょう。

では、と思った所で学生時代の教科書が手近に無く寸法が判らない。
友人に頼んでコピーを貰ったり、参考になりそうな本を見てびっくりです。
a0089450_129059.jpg

拡大しても見にくいでしょうが・・・・わぁ~~・・・これはこれは!年齢や体格によって、寸法が違います。
これなら、大人用の物の方が簡単に出来ます。

おまけに、やっぱり子供用としてはもう少し柄のあるものがいい?などと考え中。
去年デパートでとても素敵な男の子用の浴衣地を見たな、と問い合わせ・・・取り置きしておきますとのこと。

まだ一人での遠いデパート行きは心もとないのですが、せっかくなので見てみます。
一緒に行ってくれる友人がいるのも心強い幸せ

それにしても、1反の半分で出来る4つ身。
娘達が小さかった頃はお揃いで作って貰って(ふふ・・・、この時は人任せ)着せましたが、
ぱえるの場合半分の残り布が勿体ないです。
そして、気に入った生地でとなると仕立ても頼みたくなります。
その場合、『揚げ』までお願いすると大人物よりお高くなりますよ~と、売り場の方の話。

既製品は、信じられないお値段でしかもその日から着られるとなると、買った方が良いかもしれません。
今暫く考えてみましょうか。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-19 12:38 | リメイク・手仕事も・・・

勝手にお祝い

家に籠っていて・・・
本当は苦手なミシン仕事をする機会が(止むない事情で)重なって・・・
だんだん、億劫でなくなってきています。

止むない事情は、今更ですが孫のぱえるの入園グッズ関連。
試作 → 完成 → 思うがけないぱえるの食欲などから、改めて作りなおし。

そのうち、友人のお孫さんの就職祝いにも作ってしまいました。
a0089450_23174316.jpg
紫がお好きらしい?と勝手に想像して・・・こんな2種類。

a0089450_23192469.jpg
ぱえるで失敗したバケツ型に再挑戦したものと、
お嬢さんらしく持手を結ぶようにして見ましたが、お若い方の感性には合わないでしょうか?

とりあえず、郵便で送りました。
お気に召さなかったら、いかようにも手直しさせて頂くつもりですが私の技量としてはこれがぎりぎり・・・

反応がちょっと怖い・・・
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-17 23:27 | リメイク・手仕事も・・・

神様と喧嘩 / 女優

大袈裟な言い方ですが、勇気をふるって、
昨日のDVDと一緒にポチッとしたものは、の古い本  女優』 (森赫子著)
a0089450_20403989.jpg

昭和31年の発行当時には、”書きますわよ”旋風を世に放った今では珍しくない暴露もの・・・
実家には有ったのですが、いつの間にか見当たらなくなっていました。
当時読んだことは確かですが、子供でしたし・・・全く記憶の彼方~~

大人になって、興味が湧いた頃には、絶版で手に入れるとすれば古本・・・基本的に、知らない人の読まれた本は好きではないし、積極的に探すこともないままでした。

ところが・・・ここ読んだ々著者の ≪神様と喧嘩≫ 。どうしても読んでみたくなりました。
a0089450_21234374.jpg

アマゾンで見て一番値段の高い物ならきっと綺麗なものに出会えるだろうと、買ったのですがカバーはないし、背表紙は焼けと汚れでわぁ~悲しい。でも、自己責任・我落ち度・仕方ないです。

≪神様と喧嘩≫ ・・・題名からか一部の皆様に興味を湧かせ、私の気持ちや感想など丁寧に書きたいと思っていましたが、≪女優≫を読んで思いが複雑で長くなりすぎそう・・・とても、ブログで簡単に説明出来ないことに気づきました。

a0089450_21442292.jpg

≪神様と喧嘩≫・・・1980(昭和55)年の初版本・・・何故、本棚から抜き出して読む気になったかと言うと、それははっきりしています。
この時期、私は凹みに凹んで精神的に絶望しきっていました。
立てない・
歩けない・
激しい痛みで眠れない。

これは、40年来の持病とは言うものの、それぞれの時期には私の存在がどうしても必要な時期であったのです。当時、全く頼る事の出来なかった夫や実家の助けを借りないで、どうやってその時々を乗り越えてきたのか・・・思い出せません。

そんな時、思いがけない遠くの友人が、思いがけなく助けに来てくれた恩義は一生忘れないでしょう。
でも、遠くからですから日々の生活は無理・・・

そして今回は・・・もう私の存在価値は無いに等しい。と言うより、自分自身のの事さえままならない=人様のお世話になるようになってまで存在する価値は無いと、思えてしまいます。

幸い子供たちも優しい伴侶に巡り合えていますし、
夫はと言えば長い単身赴任生活で自分の暮らしは自分で出来ます。

気になると言えば、すみませんが・・・やはり、孫馬鹿でしょうか。
ぱえるが、反抗期を無事に通過できるか?だけです。その時期、私が何かの役に立てるなら・・・それしか存在意義がないようで、とにかく凹んでいました。


森赫子と言う人は、若い頃から失明・・・
それでも、≪神様と喧嘩≫を読むと、失望を乗り越えて信じられないような前向きさで生きていました。
勇気を貰いました。
そして、失明に至るまでの我儘ではあるけれど、
耐えがたい苦労もさんざ味わった様子に力を貰ったような気がしています。

今回は、かなり回復に時間がかかっていますがもう少し・・・・強くなってみたいと思っています。



よろしくお願いします。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-16 22:22 |

残菊物語

苦手と避けているネットでの買い物ですが、
思い切ってアマゾンで新品のDVDと古い本を買いました。
a0089450_2191031.jpg

溝口健二 作品:1939年の映画「残菊物語」。
溝口作品として観たものは、は「山椒大夫」と「雨月物語」でしょうか?思い出せませんが、いつ、何処で?観たかのか・・・それにしては、不思議に印象的な場面が思い出されます。


「残菊物語」、題名だけは知っていましたが探したら新品のDVDが発売されていて、状態も非常に良いとの事で勇気を持ってポチッ!

村松梢風の原作を映画化、五代目尾上菊五郎の息子(養子)の尾上菊之助の若き日を描いたもの・・・で、
原作は実録と言われています。
となると、六代目を継いだのだろ菊之助は名優六代目尾上菊五郎の若き日のことでしょうか?

映画の中で「寺島さん」と呼ばれていたのは、確かに音羽屋の本名ですし・・・
寺島しのぶの何代か前の先祖になるのかな?

二代目尾上菊之助(1868–97) は、五代目尾上菊五郎の養子で『残菊物語』の主人公
との資料もありました
それにしても、歌舞伎の世界の名籍:世襲は複雑で全く判りません。
深い事は考えないでいいですよね。


この映画、多くの方の評価としては、日本映画で見たい100本に入っているとか、溝口健二監督の作品3本指に入るとかの高い評価の物のようです。

私自身は、そんなに感激しなかったのですが・・・素人の見かただからでしょうか。



ところで、これを勇気を出して”ポチッ”とした理由・・・
深いような浅いような、気まぐれに様な理由がありますが、今夜はいささ疲れがたまりましたので又の機会に書かせて頂きます。


お寝みなさいませ。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-14 23:24 | 映画・演劇など
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー