こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

ラブアゲイン


【三越映画劇場】で、久しぶりに観た映画は ≪ラブアゲイン≫ 


理想的な家庭に甘えていた夫は、
単なるイケてない中年と化していた?

人生の中盤でふと立ち止まった妻は、
ある日突然離婚を切り出した?!

自分改造計画で劇的にイケてるダンナ化した夫。
イケダンになれば、もう一度妻の気持ちも取り戻せるのか?
実力派キャストたちによる、心に響くハートウォーミング・ラブコメディ- チラシのコピーです


予告編・・・↓


文句なしに面白く、
途中で何度も声を出して笑ったり、にやり・くすくすの一人笑いも・・・


   ディナーの場でいきなり離婚を切り出す妻=エミリーに、呆然となって・・・夫=キャルは走る車から飛び降り降りた。
   15歳の時にアイスクリームを一緒に食べて以来,エミリーを愛し続けるキャル.
   傷心のキャルが連日通うバーで、モテ男=ジェイコブ=に言われる。

   「かつて奥さんを愛しはじめた当初のときに持っていた輝きを失っているんだよ。それを取り戻さなきゃ」

   ジェイコブによるキャル改造計画は、服装から持ち物、話題選びから仕草まで。
   そんな努力も報われないままなある日、一人の女性とありのままの姿で却って意気投合、自信もつきました。

   その彼女と、最も具合の悪い場所で出会ってしまう・・・トホホ。ウフフ。

   ま、そんな色々があって楽しい展開です。
   ちょっとだけあれ?そんなのありですか?的な事には目をつぶって、思いっきり楽しんでしまいました。





俳優さんの名前が覚えられないのですが、多分私には初めての役者さん?
とっても皆さん素敵なの~~

a0089450_10583935.jpg


ベイビーシッター女子高生を演じたアナリー・ティプトンって、覚えにくい名前ですが、どこか京野ことみさん似。


a0089450_1058786.jpg


ジェイコブのライアン・ゴスリング。こちらは草刈正男か中田英寿か?と言った風貌。
↑の女優さん、エマ・ストーンもいい感じ~~

・・・っていうか、皆さんとってもチャーミング。名前、覚えないといけませんね。


     



こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-19 10:56 | 映画・演劇など

2冊の本・・・・面影小町伝 / 殺人鬼フジコの衝動

a0089450_1054956.jpg 
   米 村 圭 伍 : 著
   新 潮 社文庫 : 発行

   お仙は徐福の仙薬で色白美人に大変身。
   途端に評判の「小町娘」になって、錦絵にも描かれる始末。
   
   実はくノの一お仙、人気が出ては困るのだ。
   ところが浅草にも美女・お藤が現れ、なんと二人の、幕府もひっくり返る大
   因縁が明らかになる。
  
   小町ブームに沸く江戸の町で伝説の秘剣が邪気を放ち、田沼の陰謀が渦
   巻く。お色気百倍の大江戸三部作完結編。 (「BOOK」データベース )

  
    江戸明和三美人・・・ と言われた実在の人物を主人公にしたもので、
      1 谷中の笠森稲荷門前の水茶屋鍵屋の看板娘:「笠森お仙」 
     2 浅草寺境内の楊枝屋柳屋の看板娘:「お藤」
      3 二十軒茶屋の水茶屋蔦屋の看板娘:「およし」
        の、「笠森お仙」と「お藤」が中心になる話には、
        浮世絵師の鈴木春信や金品賄賂好きとの(実際はともかく)田沼意次・意知親子も登場します。


  紀州秦栖藩での雛祭りで、偽物とすり替えられた家宝の垢付丸・・・
  抜く人に災いが降りかかると封印されていたこの刀^^




  ✿化粧を落した素顔のお仙と藤は、瓜二つだった!
    お仙とお藤の出生の秘密も徐々に明らかにされます。

  ✿田沼意知の手の中にあった垢付丸。
    意知がそれを抜くと・・・青白い稲光に包まれ、偶然、稲光を浴びたお仙の体調が変調をきたしてーー

  ✿ある日突然鍵屋から姿を消すクの一お仙。
    御庭番の倉知政之助に嫁いだからからとか、武家に嫁ぐ前の仮親は、武士:馬場善五兵衛だったとかの
    史実を織り交ぜながらの伝奇小説にもなっています。


  垢付丸の災いで、とんでもないラストに繋がりますが、
  う~~ん、かなり無理な展開は納得できなくて、最後が残念。


&&&&&&&&&&&&&&&&&


a0089450_10544642.jpg   真 梨 幸 子 :  著
   徳 間 文 庫 : 発行


  朝○新聞、日曜の書評を見て、買いましたが最後まで読めるかどうか、
  それでも買ったのだからと、読了です。
 
  汚い言葉ですが、"胸くそが悪い”って、こういう気持ではないのかしら?
  これって実話だったんだ・・・

  ”フジコ”は実在し、
  その生涯をこのように記録した長女(正しくは二女?)は、書いた後亡くなっています。    
  
  本文の前後に別の人物による「まえがき」と「あとがき」があって、
  「あとがき」まで読んで、物語は終わる・・・
  それなのに、いま一つなのは、私の理解が至らないのでしょうね。
  共感もなく、理解も難しい内容ですが、思ったよりは、サクサク読み進めました。


  「わからなければ、いいのよ」と殺人・窃盗を繰り返すフジコは、1993年逮捕。当時33歳。
  その7年後の2000年、40歳で死刑判決。執行は2003年だそう。
  本当に、本当のことかしら?
  10年くらい前の事ですか?
  何も思い出せませんが・・・     


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-18 10:51 |

萩を揺らす雨―紅雲町珈琲屋こよみ

a0089450_10411766.jpg
   吉永 南央 : 著
   文春文庫 : 発行

   紅雲町(こううんちょう)で、趣味の和食器とコーヒー豆を扱う”小蔵屋(こくらや)”の主:杉浦(そう)は76歳。
   草の淹れる絶品で、しかも無料でサービスのコーヒー・・・
   そこに集まる常連たちとのちょっとした会話から小さな事件を嗅ぎとって~

   表題作「萩を揺らす雨」の他、
   「紅雲町のお草」「クワバラ、クワバラ」「0と1の間」「悪い男」の5編を収録。

   どれも題名が素敵です。この本、16トンさんのところで知って買いました。


        タイトルも素敵ですが、カバーのイラストもいい感じ・・・と読み始めて、あれぇ?
        帯の文字、小粋なおばぁちゃんが解き明かす、がなかなか馴染みません。

        草さんは、小粋とはちょっと違うし、この絵のように丸く治まった人でもないわ、と独り言。
        穏やかでお洒落で、出しゃばりではなくて・・・それなのに芯のある心得た人、が私の感じ。

        亀の甲より年の功で、人生経験豊かななお草さんが皆が気付かない事からするりと解きほぐす事件
        おばぁちゃん探偵と聞いて、
        ミスマーブルのような愉快・痛快・爽快なシャキシャキ老女を想像していたのは大間違いでした。

        「萩をぬらす雨」は、表題作だけあって実にお見事!
        素敵な・素敵な物語でした。

   ちょっと思い知ったのは、お若い方の老人に対する見かた。
   76歳のお草さん、私も同じ年代なの・・・
   お草さんが、気がかりなことを確かめに出掛けた夜中、出会った警官にボケた徘徊老人と錯誤されます。
   私も、夜中に出掛けたら同じかしら?・・・嫌ぁだ・・・悲しすぎ。
   ま、それにしてもお草さんの行動力には負けますが。
     


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-17 10:39 |

☆ささ身とチーズでわんこのおやつ☆

 

a0089450_1785144.jpg
ぱせりが大好きなおやつです。
食いしん坊で、なんでもパクパク美味しそうに食べる子ですが、
これは、特にお気に入りの一つ・・・≪ささ身チーズ≫

サクサク・パリパリしていて良い匂いです。
これに、挑戦してみました。


a0089450_17103960.jpg

ーー クリックで大きくなります。 ーー

1 ささ身をミンチにしてもらった物と、チーズ、小麦粉が材料。
     
    2 混ぜて棒状にして、冷蔵庫で冷やしたものを糸で薄く切るつもり。
   
  3 糸では切れませんでした。包丁で切った物を薄く手で延ばし、
  半分は、塩と七味を振ってヒトサマもお相伴しましょうか。
  
   4 100℃のオーブンで1時間20分焼く間、落ち着かないぱせり。
      
      5 冷まして出来あがり!買った物のようにサクサクしないのは何故?

↑の写真・・・は、’ぱせり’のですが、
は人用・・・歯が悪いにも拘らず、小さくちぎって美味しく完食しました。

ビールより、ウィスキーに合いました。大成功ではありませんが、ふふふ、かなり満足♪



それでも・・・
サクサク・パリパリにリベンジ、しようかしら?









    
こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-16 00:00 | 美味しい

放火・・・って^^


0003r.jpg

今朝知った、残念な出来事。
もう、ニュースではありませんね。


神戸・北野の異人館:グラシアニ邸全焼してしまったようです。
ここに詳しい事が書いてありましたが、どうやら放火のようです。
理由はなんであれ、放火は卑劣です。



百年前(明治41年)貿易業のフランス人の一家が、ふるさとのスタイルをそのままに建てたグラシアニ邸・・・


北野の街になじむ、木造2階建て、煙突のあるお洒落な洋館は、
その当時の端正な姿を大切に守り続け、現在は他の異人館同様、伝統的建築物として指定・保護されていました。

無題

                         ー クリック拡大出来ます ー

HPにこんな ↑ お知らせがありました。
今後、元のように立て直すことが出来るのでしょうか?


実は私、この火事と同じ日の夜、ここに行こうとしている夢を見ていました。
ここで結婚式を挙げた身内が居ますが、その家族と行く夢でした。
暖かくなったら誘ってみよう~と、楽しみにしていた矢先でした。

とても残念です。




     
こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-15 00:00 | その他見聞読楽

宙に浮く家


少し前のことですが、
30年以内に70% から 4年以内に70% に変更!

首都直下型地震の発生確率、です。
東大地震研(東京大学地震研究所)の試算・予測によります。

去年の【3.11】東日本大震災の影響で
地殻が不安定になったり、小さな余震が7倍に増えたことが影響した数字だそうです。


地震、本当に怖いですね。
昔から、地震になったら地面から離れられたら怖くないよね、と言っては相手にされないこすずめ。
ここでもしっかり馬鹿にされています。


本当に宙に浮く家・・・それが、実は在るのです。
あたけぼねと言う、
圧縮と引っ張りの分離で、強度を高める構造体の考案者で大学教授:阿竹先生のブログでたしか、読みました。 

ようやく、発見。ここです。
サッカーボール型のいざとなったら水に浮かぶ家・・・キミドリ建築のものですが、これではいささか不満。


では、自力でさがしましょう。
 





決して廻し者ではありませんが、こちらです。
こんな家に住みたくなりました。

     



こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-13 21:53 | その他見聞読楽

2月花形歌舞伎・御園座 平成24年


    201202-01-1r.jpgクリック拡大




1102hana_01.jpg  ← 昼の部の題目です。

   久しぶりに歌舞伎らしい歌舞伎を見たね!と、よしこさん。
   勿論、誰も異存なく頷きます。

   一、義経千本桜では、変化の見事な女形。
   三、雪暮夜入谷畦道では、見場(みば)の良い直侍(なおざむらい)を演じ
     る 尾上菊之助・・・オーラが放たれています。

  辰之助が尾上松緑を、新之助が市川海老蔵を襲名するまで、
  "平成の三之助"と大人気の尾上菊之助・尾上辰之助・市川新之助。

  その辰之助だった松緑の貫録にも、ほれぼれします。
  
   二、女伊達・・・女で、男だてのような言動をする女の侠客(きょうかく)
      華やかで陽気な歌舞伎狂言です。
 
  時蔵の女形は、三の遊女: 三千歳 でも美しい^^
  トンボを切ったり、サーカスまがいの曲芸混じりで楽しかったです。
 
  
   
  ・・・・・兄の源の義頼から逃れて、九州へ渡るために船宿=渡船屋に潜んでいた義経。
       渡海屋のあるじ:銀平の正体は新中納言知盛・・・つまり義経を打ちたい平家びと(松緑)
       銀平の女房お柳も・・・実は安徳天皇(あんとくてんのう)の乳母(菊之助)で、その様子の変化が見事でした。


内容の解説は、なかなか難しいですし・・・・手に負えませんので、パスしますね。
とにかく、満足できたことは覚えておきたいです。








まさこさんが、『預かり物よ~』と手渡して下さったのは、
これ!


201207r.jpg


直径20cm位の、綺麗なお皿。

赤い金魚が泳いでいるように見えますが・・・なんでしょう?
なかなか、使い勝手の良さそうなお皿です。先輩の手作りです♪

明日、お礼の電話をしながら、意匠等伺ってみます。


追記です。(2月13日)
頂いた綺麗なお皿・・・製作者の先輩にお礼の電話をしました。
何を表しているのか?伺いました。

クリーム色の丸いのは’魚の目’で、形は魚だそうです。
赤いのは、想像通り金魚・・・
201204r.jpg

正しい向きはこちらでした。
先輩、間違ってごめんなさい。



     


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-12 21:57 | 映画・演劇など

目の毒に負けた


すっかり眩暈から解放されたようです。
ご心配ありがとうございました。

前からの約束もボツボツこなし始めています。

帯2

今日は、和服の展示会に・・・

私は買わない!ときつく心に決めて、口にも出して"有言実行"頑張ります。
あくまで、付け下げ用の袋帯を探したいというはるこさんの野次馬連^^です。



それが、
固い決心は、あえなく崩れて↑の帯を衝動買い(やれやれ)
白の塩瀬に五色の紐房が、シンプルで綺麗♪

今お願いしている結城の単衣=表が裏がのしごき染め=に合わせたらいいかな^^と。
( しごき染め・・・江戸小紋の染め等に使われる、片面だけを染める方法。
単衣(ひとえ)や夏の絽(ろ)など"裏しごき"で、裏を別色に染めたりします。)



全く我ながらいい加減な性格~と思い、
同行のお仲間たち(4人)にもからかわれながら、それでも好きなものは好き!

東洋件

皆でわいわい、あれこれお宝探しで、お腹がすきました。
ゆっくり出来る東洋軒で・・・今日は珍しくブラックカレーではないランチ。

美味しかったのですが、
やはり看板料理のブラックカレーが好きですね。


楽しい、1日でした。







     



こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-11 21:54 | 着物

せとか・・・・オレンジ


きょうこさんから、珍しいオレンジが届きました。

≪せとか≫は、清美オレンジ+アンコール+マーコットの交配で出来たものだそうです。
アンコールもマーコットも初めて知った名前、オレンジそれともお蜜柑でしょうか?
a0089450_9175778.jpg


知り合いから貰って、とても美味しかったので
体調のすぐれないあなたに元気を出して頂きたいと、送ります。元気出して下さいね。


学生時代の親友は、いつも優しい心で美味しいものを見つけると送って下さいますが、
実は、彼女は私などとは比較にならないほどの試練と戦い続けている人です。

試練は耐えられる人に与えられるーーーカソリックの教育で、そんな風に教わりました。
そして、そんな人は幸いな人でもあるとーーーでも、彼女を見ていると幸せな人にはどうしても思えません。

美しさは伝説の女優:原節子さんにそっくり。お嬢様で、学業は優等生。
そんな人が、舅・姑・実母の様々な障害を物ともしない逞しい介護を終えて・・・

重なっての、ご主人のお守だけでなく
義弟夫婦と同居しながらの二人の介護生活。
詳しくは書けませんが、巨躯の義弟さんの確信犯的な甘えによる行動と言うか暴動、あきれるばかりです。
介護5の義弟さんに、行政は手を貸してくれないのです。(いろんな些細な事情が邪魔をします)

私に出来る事があれば、なんでもお手伝いしたいのですがどこまでも無力なこすずめ。



介護で痛めた腰と背骨に膝・胃潰瘍と逆流性食道炎に眩暈~~など、
一気に古傷が活躍、ようやく楽になりました。
・・・これ、内緒で引用しました。

彼女は、複数のガンの手術もして目下経過観察中の身・・・
いつかゆっくり旅でもしながら話がしたい。
お互いの憧れです。

そうそう・・・
a0089450_9183587.jpg


≪せとか≫です。
皮が極薄・・・なかなか上手く剥けません。
中の袋は、彼女の言葉通り柔らかでそのまま食べられます。
酸味もあってとてもジューシー、美味しいです。

感謝感謝で、美味しく頂きます。
VCもいっぱい!
こすずめ、もっと綺麗になったら・・・困っちゃうな^^     



こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-11 00:00 | こすずめ感謝

めまい顛末記・・・ラジオ深夜便の巻

ご心配をおかけしました”眩暈”ですが、

昨夜で、ほぼ治まったようです。久しぶりに昨夜は熟睡出来ましてすっきりしています。

暖かいコメントを頂きましてありがとうございました。


a0089450_9133287.jpg
今晩は~、ぱせりです。



今回の”めまい”、過去に時々経験したものとは、様子が違っていました。

天井がぐるぐる平らに廻る・・・のが、これまで。
天井が観覧車のように上下に廻る、それもかなりの高速で・・・が、今回でした。

それは、床の中で左に寝返りする時と、
上を向いて休んで居る時に前触れなくふわぐるん’’’’’といきなり廻り始めます。
時間的には1~2秒ですが、不安で緊張します。


パソコン・TV・本・電話から遠ざかって、アルコールは勿論、カフェイン類も避けて目を閉じて、
ラジオをかけて、うとうと^^

かなり眠ったようですが、それでも度々目が覚めた時間は
ラジオ放送に癒されました。

a0089450_9145434.jpg


ラジオ・・・TVもほとんど見ませんが・・・何十年振りに聞きました。
噂の深夜便も、じっくり毎日聞きました。

ゆっくり丁寧で、はっきり正確な言葉がとても素敵。アナウンサーの真髄でしょうね。
午前3時を過ぎると早起きリスナーからの熱心な投書も読まれて、
ファンの多さを納得です。



アナウンサーには、格別な思い出があったこともついでに懐かしく。
ちょっと書いてみますね。すみません、自慢ではありません。

あれはーーー多分、20歳位の夏の盛り^^
アナウンサー試験をうけたことがありまして、するすると3次試験の身体検査まで行きました。
その時、局関係者の知人を書く書類に’なし’と書いたのでした。
実は、強力な関係者を知っていたのに・・・若気の潔癖感でした。

続けてTVアナの試験は、カメラテストで一言も言えないままで ×
この時も、縁故者を訊ねられています。

昔は、コネを向こうから聞いてくれたんだなぁ~と、
今の就職難民、本当にお気の毒と思いながら、
もし、あの時にアナウンサーになっていたら、違った人生があったのだろうなぁ^^と。

昔のことを思い出す年齢になったのでした。


                                                写真がなかったので、以前書いたイラストを入れました。     


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
# by kosuzume2 | 2012-02-08 00:00 | 生活
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31