こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

タグ:好き ( 118 ) タグの人気記事

今日。

猛暑最中、人も植物たちも萎れ気味・・・・
庭では・・・
a0089450_1745499.jpg

                                       一輪のひまわりと
                                            涼しげな初雪草が、
                                                  頑張ってくれています。


頑張っているのは夫たちも・・・・・・・・・・・・
あはは、食事会ですって!嬉しそうにお出掛けしました。
a0089450_19152341.jpg

夕方、コンビニに行った私は、衝動買い!
ちょっと宅急便を出しに行って発見!

こだわりのお米と塩と素材を使ったおにぎりが295円って、結構いいお値段~~
それだけに期待が高まります。

・・・・が、袋を開けてなぁ~んだ(トホホ)
2個入り。で、味は、美味しいけれどワクワクして買うほどでもない・・・自分で作った方が美味しかも。


おかずは、ほとんどおつまみですがいろいろあります。
小鯵の南蛮漬けとか、昨日仕込んだ塩辛・残り少ない胡瓜の糠漬けや京都のお漬物・・・野菜チップスなど。

一人の夕食は、これで良し^^

a0089450_1926141.jpg

種なしの甘ぁ~~い、デラウェアの頂き物もあります。


久しぶりに、500mlのビールも飲み干して


      のぉーーんびり、ゆっくり、ふぅ~~~
[PR]
by kosuzume2 | 2011-08-10 19:36 | 生活

私が生まれてきた訳は~♪

a0089450_8382447.jpg

最近、リフレイン中なのは、この曲 ・・・・・・YOU TUBE  060.gif060.gif で聴けます。


さだまさしいのちの理由・・・詩が良いでしょう?初めて聞いて以来、リフレイン・リフレイン~~

   ♪   

           私が生まれてきた訳は   父と母に出会うため
      私が生まれてきた訳は   きょうだいたちに出会うため
      私が生まれてきた訳は    友達みんなに出会うため
      私が生まれてきた訳は    愛しいあなたに出会うため
         
         春来れば 花自ずから咲くように
         秋来れば 葉は自ずから散るように 
         しあわせになるように 誰もが生まれてきたんだよ
         悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように

      私が生まれてきた訳は    何処かの誰かを傷つけて
      私が生まれてきた訳は    何処かの誰かに傷ついて
      私が生まれてきた訳は   何処かの誰かに救われて
      私が生まれてきた訳は   何処かの誰かを救うため

         夜が来て 闇自ずから染みるよう
         朝が来て 光自ずから照らすように  
         しあわせになるように 誰もが生きているんだよ
         悲しみの海の向こうから 喜びが満ちてくるように

      私が生まれてきた訳は   愛しいあなたに出会うため
      私が生まれてきた訳は   愛しいあなたを護るため


                                   (詩が抜けていました。赤字で追記しました。)
   ♪   



a0089450_23284575.jpg

『食べるために生きるな。生きるために食べよ』
Eat to live; do not live to eat. ・・・・・・イギリスの諺ですが、
最近の私は、間違いなく食べるために生きています。



             で、家探しをしてクッキーの抜き型をようやく発見。
             で、材料も調達も。
             で、本日は疲れ果てました。

           明日、元気なら食べるために生きている方々のためにクッキーを焼きます。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-07-31 23:42 | 好きなこと・もの

さだまさしドラマ

 『故郷~娘の旅立ち~ ”案山子(かかし)”  
      あの名曲をもとに描く大家族の愛と絆の物語。
           長崎五島列島に暮らす頑固親父とぶつかる娘は島を飛び出すが・・・』
 

                                と、長いタイトル(?)のドラマを見ました。フジ系列、東海TV・・・で。




この曲*案山子 ↑ が、BGMで何度も流れます。
さだまさしの独特の声と歌い方、そして歌詞に現れている心からの愛情・・・
寂しかないか、お金はあるか・・・じわぁり、ときます。

このところ、ぐいぐいと”さだ”さんに惹かれて言っているこすずめ・・・よいドラマに会えました。
詳しい事は私が説明するより ここでご覧頂いた方がよいと思います^^
いろいろ、わかり易いです。

家族を大切にするあまり、
感情の起伏の激しすぎる、気の短い父親役の松平健さんと母親役の風吹ジュンさん見事なはまり役です。


若い頃は、あの声とリズムの乏しい・・・
つぶやき風、独り言風な雰囲気が、歌としては馴染めなかった時もあったかなぁ~~

お洒落でもなく気取りもない、辛辣な言葉にもお身体にも贅肉の付いたさだまさし さん・・・いつからか、魅力的。
素晴らしく豊かな才能と、しっかり・きちんと地についた足元の確かさ。大人の魅了でしょうか?
それにしても、本当に優しい気持ちの持ち主なんでしょう。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-07-05 23:47 | 映画・演劇など

薄板に長釘

コメント欄を閉じさせて頂いて、かなり経ちます。
それでも、皆様の所にはこっそりお邪魔して・・・読み逃げm(_"_)m, すみません。
ちょっと一言と思うこともあるのですが、不公平感・不快感を感じられる方もあるかも知れないと老婆心。
じっと我慢の子でいます。

そんな中で、この方ここで愉快な言葉に出会って・・・うふふ・へぇ~?と感心したり?ハテナ?と首をひねったり。
《静岡の方言》で、
「あぁ、やっきりするなぁ」「東電さん、態度がイカイじゃないの?」 「補償問題ショロショロするな!」・・・何かわかる気、でもまちがっていなかな?

美しい日本語が、ずーと好きだったのですが、いつの頃からか になっています。
何かほっとするような暖かで穏やかな温もりの心が感じられます。

a0089450_21104422.jpg

好きな事・苦手な事、キリが無いけれどベスト3で考えてみますね。
好きな事・物・・・うふふ、
嬉しい頂き物。
とことん無防備で、何処までも従順な”いぬ”と目に入れたら痛いかもしれない孫の”ぱえる”
批判しないで聞いて、支えてくれる友。

そして、苦手な事・物・・・カミングアウトしますと、
×長いもの~
縄も紐も、太めで長いもの。遠目にも見つけると逃げ足速いです、ワタシ・・・これ、有名かも。
特に動くものは、実は見る前に前を閉じています。なので・・・ホースも少し苦手。
×お説教とお節介とお世辞。過去には、私自身やっていましたが・・・ある時をきっかけに御法度にしています。
冷たく突き放すのではなく、「私に出来る事があったらいつでも言ってね」「お役に立てる事、遠慮なく伝えてね」とメッセージは送るようにしています。
×マナー違反かな?
例えば、食事の時に遠慮なく音を立てる・・・とか、お箸の使い方・・・それと、立派な大人が自分の身内を敬称で話す事。
両親は、お父さん・お母さん、兄弟はお兄さん・お姉さん、と・・・他人に会話するヒト。1億年の恋も冷めます。

ところが、ところが・・・今日のタイトルに使わせて頂いた、「薄板に長釘」・・・本当は苦手な長いものですが、
何かと出過ぎる自分ですので、「薄板に長釘」と評され・・・と↑の文中に出てくる表現に熱烈感動!
まさしく私の事!と、同胞同盟結成したい~~
[PR]
by kosuzume2 | 2011-07-01 22:56 | その他見聞読楽

大好き・・・ジューンベリー。。 純白の薔薇、フェアビアンカ。。 デパート 

a0089450_20334654.jpg

ジューンベリーが熟してきました。
毎年、早起きのヒヨドリとの争奪戦をしながらの収穫とジャム作りが楽しみですのに、
残念ながら今年は、みんなヒヨドリさんに上げますね~

その代り、来年はちょっと遠慮してねと、お願いしておきましょう。

060.gif

いつも書きますが、これも大好きな香りで美白・・?と言われる純白の薔薇≪フェアビアンカ≫。
蕾はこんなピンクなのです。
a0089450_20543084.jpg



060.gif

そして、娘達はあまり好まないのですが、デパートも好きです。
車に乗れるようになったのを幸いに一人で行ってみました。
a0089450_21462415.jpg
1週間以上前に届いていたお中元カタログ。今年は早めに・・・と出掛けましたら、
何と7月15日からということで、ガックリ。

親切な店員さんが、”こちらでなら今でも出来ますよ~”と、私の歩調に合わせて案内して下さる優しさが有難かったです。
結局、15日まで待ってまとめて注文した方が良いということに・・・

50代と思しき男性、暇そうだったし・・・かねてからの思いを伝えて見ました。
家庭画報か?と思う程の美しい写真満載のカタログですが、毎年2回(お中元とお歳暮の時期)、夫と私のそれぞれ宛に届きます。
夫と私の名前で送る相手があるからということでしょうが、私は1冊あれば充分です。

3年前から、1冊にとお願いしてありますが毎年届きます。(そのたびにハイと返事をされながら・・・)
費用もかかっていそうですし、重いし・・・お互い勿体ない事と
これからの事も改めてお願いいしましたら、なんと、それは出来ないとのこと。

お互いの立場や事情なども理解できないわけではありませんが経営の合理化や資源の節約などを考えれば出来ないと言い切られても、不快感が残りました。


家の中では、結構普通に近く行動できるようになって外出も不安無く出掛けたのですが、
何が違うのか・・・デパートを廻るのはちょっとハードでした。

a0089450_23415311.jpg
(コルセットを付けています。)
血液検査では、少しの貧血以外術で基準値内の数値で健康体と信じているのですが、
あちこちで注意されるのは筋肉・脂肪・体力の不足。
もっと食べて~~とけしかけられます。

食欲はほとんど無い上に、腸の調子が非常に悪い日々が続いています。
薬を飲むために、かなり無理して食べています。当然でしょうが・・・調理する気もしないし・・・ふと、目に止まった鯖の味噌煮を買いました。

このトレーは、レンジOK?と聞くと、アルバイトのお嬢さんは先輩の元に・・・
どの位?と時間を問えば、又先輩の所へ・・・

それは良いのですが、先輩の答が私の耳に届きましたお好きなだけ!

はぁ~~~ぁぁ~~~

でも、とうとう、最後になって行ってしまった私。
「このお店で売っていらっしゃる物は、それなりに美味しく食べて欲しいと思っていらっしゃる筈でしょう。
どの位温めればいいか?ざっとでも教えて下さるのが親切ではありませんか?」
「主婦なら、いちいち聞くな!とでも言われたようで不快です」って。

想像以上に疲れ果てていた私・・・嫌な客だったでしょうね。又、凹んでしまいました。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-06-07 23:47 | 生活

こんなん出来ましたぁ^^

a0089450_18322626.jpg

ぱえるの入園グッズ、先日の試作品を基に作り始めています。
弁当とお箸入れ・コップと歯ブラシ入れ・サーモス水筒入れ・・・は、一目でぱえるの物と判るように同じいちご柄で作りますが、
a0089450_1915477.jpg

通園バッグは、上履き入れと手提げバッグがお揃いのミッフィーと流れ星の生地で。
これまで時々通っていたプレ幼稚園の通園バッグが小さかったので、
リバーシブルデニムで新しく作ります。
お揃いになるように、解体したバッグの一部をフラップに貼り付けて見ました。

お弁当やコップを子供=3歳児=が簡単に出し入れできるように・・・
ねえこの希望でかなり大きめ。体とのバランスが気になります。
問題があれば、作りなおします。


それと・・・
a0089450_19541594.jpg

春の青紅葉の帯が出来あがりました。

お母様の白地の訪問着の半分を頂いて・・・
好きな柄部分をお太鼓にして、前帯には雰囲気を揃えた紅葉を描いて貰いました。

私が頂いたのは本来の持ち主が梅の模様部分をピンクに染めて、香り立つような梅の帯を仕立てられた残り・・・
たくさんの繋ぎ目が、帯屋さんのご苦労を教えてくれます。
が、思った通りの帯が完成しました。

皆様に感謝・感謝です。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-03-22 20:11 | リメイク・手仕事も・・・

2月大歌舞伎

a0089450_131282.jpg

御園座、二月大歌舞伎昼の部に行きました。
当初予定されていた海老蔵出演の「石川五右衛門」は、例の騒動による海老蔵降板で、中村梅玉と中村福助による「勧進帳」や「義経千本桜」「与話情浮名横櫛」などに演目変更でしたが、それでも、2日目の客席は90%に入りの盛況・・・

a0089450_1362552.jpg

【昼の部】の演目は、馴染み深いものばかり・・・
一、芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ) 葛の葉
二、歌舞伎十八番の内 勧進帳
三、与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし) 源氏店

一、、、葛の葉は、  恋しくば訪ね来て見よ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉
有名なこの歌にまつわるきつねの女房の話・・・安部保名の妻:葛の葉は、保名に助けられた狐。
童子と言う子もある所へ現れたのが実物の葛の葉姫。後ろ髪をひかれながら、夫と子供を残して信太の森へと帰る、別れの歌です。
左手で筆を持っての鏡文字(左右反対の文字)や、下から上に向かって書く文字、果ては子供を抱きながら口に筆を咥えての散らし書き、墨後も美しい・・・福助さんでした。
ちなみに、この時残された童子は、陰陽師の安倍晴明だそうです。

二、、、勧進帳・・・安宅の関での富樫と弁慶の応酬と所作・引っ込みの飛び六方を堪能しました。
兄、頼朝に追われ奥州平泉の藤原氏の元へ落ちのびようとする源義経。これを捕らえようと各地に関所を設けた頼朝。
山伏姿に変装した義経と弁慶たちが安宅の関に差し掛かり、関守:冨樫の詮議を受けます。一行の山伏姿を疑う富樫に、東大寺復興勧進のため諸国を廻る役僧と称し、何もか書かれていない勧進帳(寄付帳)を読み上げ、一旦は難を逃れます。
が、再び強力姿(荷人夫)の義経に疑いをかけられると、弁慶はすかさず金剛杖を持って主である義経を打ち据えます。冨樫は弁慶の忠誠心に心をうたれ、義経一行だと気付きながらも関の通行を許す・・・能の『安宅』が基になっています。

a0089450_1594187.jpg
三、、、源氏店は玄治店とも現わされるようです。
むかぁ~昔、私は産まれていましたが・・・昭和29年のこと、
春日八郎の「お富さん」が大ヒットしたのです。
でも歌詞の中の一部分、お芝居の内容そのまま見事に出てきます。
 「粋な黒塀、見越しの松」のある「玄冶店」。 
 風呂上がりの、まさに「婀娜(あだ)な姿の洗い髪」。
 「----死んだ筈だよお富さん、生きていたとはお釈迦様でも知らぬ仏のお富さん、ええさほう、玄冶店」
「今じゃよびなも切られの与三(よさ)よ」。など・・・

急に出演の決まった福助さんですが、『葛の葉』では、女房:葛の葉と葛の葉姫の二役で、早変わりの連続^^
『源氏店』では色っぽいお富さんを。
夜の部の二演目も、両方とも出ずっぱりの大活躍・・・凄いです。

それにしても、歌舞伎、やはりいいです・好きです。
舞台や衣装の美しい色合わせ、三味線・鼓など和楽器の音色と長唄・義太夫など人の声の心地よい響き、歌舞伎役者の踊り・所作・決まり事など見事な様式美だなぁ~と感心します。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-02-06 23:59 | その他見聞読楽

ちょっと嬉しい^^

咲いているよ^^と、教えられるまで気が付かなかった蝋梅・・・
梅より一足先に春を告げる香りと花、大好きです。

a0089450_1637189.jpg
まぁ~~たくさんの花を付けてくれました。
これは実生で、種を撒いたのはおよそ15年前のこと。
確か白いもの・薄い黄色のもの(素心蝋梅)、そして濃い黄色の中心が赤いものと、三種類植えてどれも一時期見事に花を付けてくれましたが、いつの間にか絶えてしまったと思っていました。ああ、嬉しい 

庭の草木をあちらこちらに植え替える夫にため息の出る日々^^
これはこれだけは大切にして、抜いてしまわないでねと、くどく言っておいてもいつの間にか無くなっています。
もう、諦めの心境になってしまっているわ・た・し、
目立たない場所にあったのね、嬉しい春のプレゼント。

a0089450_17235589.jpg


暖かな午後、いぬを連れて買い物に・・・ルンルン・サッサ・タッタッタ^^いぬの歩調は陽気です。
ふふ・・・暮に見つけたわんこ服、試着OKと言われてのことですがいぬは何故か嬉しそう~~
飼い主馬鹿としては『新しいお洋服買いに行こうか?』と連れだしたからかしら、なんてね、ふふふ。
a0089450_2141325.jpg

結局2枚買いました。
20%offでも、ちょっとお財布が泣きました。
[PR]
by kosuzume2 | 2011-01-09 22:32 | いぬとBEBE

一目惚れ!

このハンコに一目惚れ~昨年11月22日の新聞で見ました。
a0089450_17185012.jpg
2010年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」で、最優秀賞受賞作品です。
日本新聞協会広告委員会が
若いクリエーターを対象に、独創的で斬新な、新聞広告の可能性を広げる作品を募集・・・今年のテーマは「元気」でした。

電通の4人組みの作品、右下に 元気であれば、いいんです。と文字も入っています。
本当だなぁ~と暖かい気持ちになれるこれ、いつかUPして大切にしたいと思っていました。

今年は、このマークを時々思い出しながら、
ゆったり穏やかに過ごしたいと思います。

[PR]
by kosuzume2 | 2011-01-04 21:54 | 好きなこと・もの

そろそろ、年賀状

皆さまの所で、年賀状の話題に出会うようになりまして・・・焦りが芽生えてきました。
毎年、今年こそは心を込めてと思いながら、お恥ずかしい駆け込みのバタバタです。

それにしても・・・来年は卯年。
ウサギなら、可愛らしいし何とか私の手にも追えそうなと、不遜な予感も・・・
a0089450_0272398.jpg

《うさぎ》と言うと大切な思い出が浮かびます。

蔵書印に憧れた時期がありまして、娘=ねえこ=が作ってくれました。
ちょっと意地悪そうな目つきのうさぎのデザイン、不思議の国のアリスがヒントだったと思います。
デザインも、ねえこ・・・消しゴムで彫ってくれました。

昭和55年の本にはペタペタ押しまくっています。
と言うことは、小学生のねえこが彫った事になります。(ごめん・・・ねえこ、歳がばれる?)
我娘ながらあっぱれな出来栄え♪
もっと感動していっぱい褒めて嬉しがってやれば良かったと、悔やんでいます。今更ですが、ありがとう×3!

この後、ゴムの劣化でどろどろしてきたので又新しく作りなおしてくれています。
それには、私の名前も彫り入れてくれています。

本にこれを押さなくなって久しいのですが、
大切に取ってあるこのハンコを今年の年賀状に是非使いたいと考えています。

夕方、冬用のタイヤを取りに来たぺぎ夫婦。
いつか有機野菜を送って頂いたレストランで、食事をした後・・・ああでもない、こうでもない~~と相談に付き合わせてしまいました。

もう一息!
今年こそは、早めに出来るよう・・・努力します。
[PR]
by kosuzume2 | 2010-12-17 23:58 | リメイク・手仕事も・・・
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30