人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

何か因縁を感じてしまう・・・いねむり先生 / よなかの散歩


優しく穏やかな笑顔と声が、
心を癒してくれるような田中好子さんが、逝ってしまわれました。
まだまだ、お若くて美しい55歳、心からご冥福を祈らせて頂きます。

ご本人からの別れのテープが流され、東日本大地震の被災者と亡くなられた方への言葉と、決意を聞きながら、最近読んだ本とのかかわりに因縁めいたものを感じました。


a0089450_22514260.gif


a0089450_2214443.jpg

著者:伊集院静
発行:集英社

 <ソ連のチェルノブイリで原子力発電所の事故があった年の冬、ボクは一人で六本木の通りを歩いていた
1986年(昭和60年)のチェルノブイリ事故の前年、女優であった妻の夏目雅子さんをを亡くして以来、ギャンブルやアルコールに溺れ、ボロボロになっていたサブロー=作家自身が主人公ですが、冒頭の書き出しで今、読みたくない本かも知れないと感じました。


幻覚や幻聴から逃れようともがくサブローは、友人に「いねむり先生」を紹介され、その虜になっていく、それだけの話と言えばそれだけ・・・

「いねむり先生」とは、作家・色川武大(たけひろ)(1929~89年)
本名で純文学を書き、筆名阿佐田哲也では『麻雀(まーじゃん)放浪記』などの賭博小説で、、“雀聖(じゃんせい)”“ギャンブルの神様”の異名と共に、かつては深夜の人気番組【11PM】の常連でもあったような。

「いねむり先生」と2人で全国の競輪場を巡る"旅打ち"~こんな言葉があるとは知らなかった~に出かけたり、親しく過ごしたその 実体験を基にした自伝的小説らしい。旅を続けていくうちに、サブローは徐々に安堵感に包まれていくのを感じ、
得体の知れない恐怖や不安から救われ、再生を果たします。

知り合ってから、色川さんの亡くなる2年あまりの話で、
当時の色川は、持病のナルコレプシー(眠り病)や幻覚・幻聴に苦しみ、執筆にも追われながらも茫洋とした、やさしい人で不思議に多くの人から慕われ愛されていた。

「出会って、旅をして、救われた。ただそれだけのシンプルな話」
著者である伊集院さんは言いますが
人は人により救われる・・・人間再生の物語り・いいな。

今回の震災に遭われた仙台在住の伊集院さんが、
このタイミングで、この本を出版することになったこと・・・

そして、伊集院さんが自己を見失うまで愛した夏目雅子さんの義理の姉=夏目さんの兄嫁さん=になる田中好子さんの惜しまれる死・・・

なにか不思議な因縁でもあるのかしら?
文庫化まで待って買おうかと思いながら、つい買ってしまったことも何か不思議・・・


そして、もう一冊。
a0089450_23445537.jpg

著者 : 角田光代 
発行 : オレンジページ

雑誌『オレンジページ』で連載しているエッセーをまとめた本とは知らないで買いました。

原稿用紙2枚程度の短いエッセーがたくさん。
気分の重い時にでも気楽に読めますが、
角田さんに期待して読むといささか拍子抜けかも知れません。
 

あの、八日目の蝉や、対岸の彼女を書いた人とは思えない丸さがあり過ぎ・・・
カバーを外して、著者の顔を見て有る意味納得!

小説からの勝手なおもいこみで、細面のキリリとちょっと怖い雰囲気の方と思っていましたが、
丸顔の可愛らしい雰囲気に、へっ!?、はぁ^^~

と思いながら、こんな風に思いのたけさらけ出せる人に憧れます。
by kosuzume2 | 2011-04-25 22:10 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31