人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

奥琵琶湖の旅

奥琵琶湖の旅_a0089450_23555384.jpg

日に1度は、何故かグギッ!と嫌な感じ・・・出発の日の朝も実はキクッ^^
でも、動く事が出来たので、思い切って出かけてうふふ、結果オーライ。って、のんびりしたことを言っては同行者に失礼ですね、とても、ご心配頂きましたから・・・


奥琵琶湖の旅_a0089450_2256088.jpg

滋賀県の6分の1の面積を持つ(確か?)琵琶湖の北部、あまり身近ではありません。
最北のひなびた余呉湖の様子、想像を遥かに超える静かな佇まい美しさ風景は”聞きしに勝る”もの。
すぐそばの北麓本線・・・シラサギを始め色々な列車が通り過ぎます。

去年の遠野・その前年には中山道・・・など、華やかではない場所で、思いがけない美しさや文化を見つけ楽しませて下さる人が集まっている会、
何回か書いてていますが学生時代のサークル仲間が集まっている会。
年代では10歳ほどの差が、そして学校は7~8校・・・

教育者、TVやラジオに新聞関連のジャーナリスト、医療関係の方や大手の会社社長さんなど、お仕事もばらばらなのは、放送関係の同好会だからです。

今年の旅程は、↑のようでした。一日目は、赤い線での行動。
奥琵琶湖の旅_a0089450_23202178.jpg奥琵琶湖の旅_a0089450_23221684.jpg

近江八幡駅で広島や関東勢と合流する前に、
名古屋出発組は、近江商人発祥の地≪五箇荘≫辺りを散策します。
近江商人・・・さすがです。!広くて立派なお屋敷が立ち並んで、人の気配がない^^


奥琵琶湖の旅_a0089450_23311654.jpg
昼食は、元造り酒屋さんだったという雰囲気の良いお店。勿論、美味しかったですよ~

見所が多すぎますので、どんどん、スクロールで進めます。奥琵琶湖の旅_a0089450_176233.jpg奥琵琶湖の旅_a0089450_1763061.jpg奥琵琶湖の旅_a0089450_1764943.jpg奥琵琶湖の旅_a0089450_1771633.jpg奥琵琶湖の旅_a0089450_1773650.jpg奥琵琶湖の旅_a0089450_178079.jpg奥琵琶湖の旅_a0089450_1782655.jpg奥琵琶湖の旅_a0089450_1784764.jpg




この日最も印象に残ったのは石搭寺(いしどうじ) 、この旅の目玉の一つです。
奥琵琶湖の旅_a0089450_0571146.jpg

博学な幹事さん=大先輩=からの受け売りですが、
白洲正子・瀬戸内寂聴・小林秀雄・五木寛之・司馬遼太郎等、多くの文学者が強く惹かれた不思議な石塔のあるお寺です。

阿育王山(あしょかおうざん)石搭寺の正式名称からも推測されるように、
いつ・誰が、このような高い場所に建立したかの謎は残るものの、インドの阿育王に由来するだろうということになっているようです。

この搭と石造の周囲を一巡りすると満願成就ときいて、みんなで一巡り~
願いが叶うと嬉しいです。


実は・・・昨日眠気と戦いながらここまで書きあげましたのに、鍵をかけたままにしていました。
今日(12日)は、朝から出かけてしまい・・・
今頃気がつきました。

琵琶湖の情緒あふれる旅、2日目はまだ残っています。
明日にでもかきます。面倒なら読み飛ばして下さいね。
後の記憶のために、簡単に書くつもりです。

わぁ~~~
鍵、まだまだ開けていませんでした・・・トホホ



marquee scrollが、崩れて使えません。とりあえず、静止画像を並べます。

iscsi イニシエータ・・・とかいうものが不本意ながらインストールされてしまいました。
削除が出来ません。
それで、スクロールが出来なくなったり、画像の位置の編集がおかしくなりました。
もう少し、考えてみます。

by kosuzume2 | 2011-11-11 21:57 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31