こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

2冊の本・・・・面影小町伝 / 殺人鬼フジコの衝動

a0089450_1054956.jpg 
   米 村 圭 伍 : 著
   新 潮 社文庫 : 発行

   お仙は徐福の仙薬で色白美人に大変身。
   途端に評判の「小町娘」になって、錦絵にも描かれる始末。
   
   実はくノの一お仙、人気が出ては困るのだ。
   ところが浅草にも美女・お藤が現れ、なんと二人の、幕府もひっくり返る大
   因縁が明らかになる。
  
   小町ブームに沸く江戸の町で伝説の秘剣が邪気を放ち、田沼の陰謀が渦
   巻く。お色気百倍の大江戸三部作完結編。 (「BOOK」データベース )

  
    江戸明和三美人・・・ と言われた実在の人物を主人公にしたもので、
      1 谷中の笠森稲荷門前の水茶屋鍵屋の看板娘:「笠森お仙」 
     2 浅草寺境内の楊枝屋柳屋の看板娘:「お藤」
      3 二十軒茶屋の水茶屋蔦屋の看板娘:「およし」
        の、「笠森お仙」と「お藤」が中心になる話には、
        浮世絵師の鈴木春信や金品賄賂好きとの(実際はともかく)田沼意次・意知親子も登場します。


  紀州秦栖藩での雛祭りで、偽物とすり替えられた家宝の垢付丸・・・
  抜く人に災いが降りかかると封印されていたこの刀^^




  ✿化粧を落した素顔のお仙と藤は、瓜二つだった!
    お仙とお藤の出生の秘密も徐々に明らかにされます。

  ✿田沼意知の手の中にあった垢付丸。
    意知がそれを抜くと・・・青白い稲光に包まれ、偶然、稲光を浴びたお仙の体調が変調をきたしてーー

  ✿ある日突然鍵屋から姿を消すクの一お仙。
    御庭番の倉知政之助に嫁いだからからとか、武家に嫁ぐ前の仮親は、武士:馬場善五兵衛だったとかの
    史実を織り交ぜながらの伝奇小説にもなっています。


  垢付丸の災いで、とんでもないラストに繋がりますが、
  う~~ん、かなり無理な展開は納得できなくて、最後が残念。


&&&&&&&&&&&&&&&&&


a0089450_10544642.jpg   真 梨 幸 子 :  著
   徳 間 文 庫 : 発行


  朝○新聞、日曜の書評を見て、買いましたが最後まで読めるかどうか、
  それでも買ったのだからと、読了です。
 
  汚い言葉ですが、"胸くそが悪い”って、こういう気持ではないのかしら?
  これって実話だったんだ・・・

  ”フジコ”は実在し、
  その生涯をこのように記録した長女(正しくは二女?)は、書いた後亡くなっています。    
  
  本文の前後に別の人物による「まえがき」と「あとがき」があって、
  「あとがき」まで読んで、物語は終わる・・・
  それなのに、いま一つなのは、私の理解が至らないのでしょうね。
  共感もなく、理解も難しい内容ですが、思ったよりは、サクサク読み進めました。


  「わからなければ、いいのよ」と殺人・窃盗を繰り返すフジコは、1993年逮捕。当時33歳。
  その7年後の2000年、40歳で死刑判決。執行は2003年だそう。
  本当に、本当のことかしら?
  10年くらい前の事ですか?
  何も思い出せませんが・・・     


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

[PR]
by kosuzume2 | 2012-02-18 10:51 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31