人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

お別れ食事会

a0089450_23534188.jpg

着付け教室も今日が最後、お稽古の後、先生を囲んでの食事会をしました。
本来、私達がお招きしなければならないのですが、食事は割り勘。
飲み物は先生のお支払で、ワインをたくさん、頂いてしまいました。御馳走様~~

薄々感じていた・・・教室を止められる事情を伺う事が出来ました。
やはり・・・お体の不調が原因でした。
いつもながら、にこにこ楽しくお話下さるご様子からは、信じられません。

先生と生徒の垣根のない、お友達のような会話が弾みます。
たくさん教室を持ったけれど、このクラスの人とは本当に心が通じ合えてうれしい~と、言って下さいます。
ご家族の裏話なども笑い話にし合って・・・和やかな時間があっという間に・・・

a0089450_23205134.jpga0089450_2321716.jpga0089450_23213544.jpg

a0089450_23221440.jpga0089450_23223010.jpga0089450_23224647.jpg

教室では、今日もいっぱい、いろいろなお話として頂きました。
印象的なのは、結びの心でした。

和服の顔=帯は、締めるものではなく結ぶもので、≪結び≫の語源は≪産霊(むすび)≫と書き、はしょって言えば、心と心をつなぐことだったとか。
結婚・結納などにも使われるのはその流れ。

和服の材料になる絹は、蚕が死んでしまってからでは糸に出来ないそうです。
気の毒ですが、生きているうちに糸を引きだして紡いで布地を織ります。
それを慈しんで尊く扱う事から、帯は結ぶと表現するのだと教わりました。

同じような心で、着物も仕立て直しを繰り返しながら最後まで使いつくすのが、古来の日本文化に繋がっていたそうです。

まだまだ、知らなかった事、成程と納得した事など、最後の授業も実り多かっただけに名残惜しい思いです。
皆さん別れがたい思いで、5月からはこれまでの助手先生を中心にお教室を続けられそう・・・少しほっ~。

先生からのプレゼント  は、赤い紐のついた綺麗な鈴。
魔除けとか幸運の色で身につけておくと良いと言われる赤で、紐は人間国宝を目指している人(松山●○さん?)の工房で別注して下さったようです。
昔から、眉の上に赤い点々とか、眉尻の少しの紅、口紅など赤をつけていたのも魔除けのためですって^^

お稽古はなくなっても、食事会などには是非是非誘って下さい~と笑顔でお別れ。
まだまだ、お目にかかれそうでお別れの実感はありません。

              *********************

今日の夕食・・・・夫にまだ聞いていません。
私が帰った時、もう眠っていました~
カロリー計算、明日からにします。
by kosuzume2 | 2009-03-27 22:54 | 着物
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31