人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

モロヘイヤ / ゴーヤかりん糖

a0089450_1932636.jpg
新鮮なモロヘイヤを頂きました。
普段は炒め物にすることが多いのですが、目先を変えてゴーヤと一緒にグラタン風チーズ焼きでも作りましょうか・・・
ベーコンをカリカリになるまでしっかり焼いて・・・茹でたゴーヤとモロヘイヤを合わせて、チーズをかけて焼くだけ。
味は、チキンコンソメの素と塩コショウ・・・
a0089450_21273555.jpga0089450_21271980.jpg
あはぁ~、ちょっと失敗、ロヘイヤを茹ですぎました。
歯ごたえ不足・・・ベーコンではなくソーセージにしたら高得点かと反省!

ところで、
アラブ語で「王様の食べる野菜」「王家の野菜」という意味のモロヘイヤですが・・・
昔、重篤な病に苦しむ王がこれを食べて元気になったとの言い伝えがあるそうで、カロテン・鉄分・ビタミンB群・ミネラルや植物繊維も豊富な野菜として有名ですよね。

あのねばねば=ムチンは、オクラやナメコ、里芋と同じなんだそです。
ムチンは、
糖の吸収を遅らせて血糖値の上昇を抑える働きで、糖尿病などの予防に有効。
胃壁を保護して消化不良や食欲不振を防ぐ効果もあります。

ただし、シュウ酸が多いので結石の出来やすい人は要注意!茹でて、水に晒してアク抜きしましょう。

a0089450_2174335.jpg

そんな野菜ですが、
モロヘイヤの実のついた枝を食べた牛、3頭が死亡する事故も発生しています。
原因は、種子に含まれるストロフェチジンで、これはかつてアフリカで矢に塗っていた毒成分=非常に強い毒性があります。

ストロフェチジンは、成熟した種子と莢(さや)、発芽直後の双葉に含まれるそうで、
蕾発生期の葉・茎・根・蕾には含まれませんので、野菜としての「モロヘイヤ」は安全。
つまり、家庭で栽培する場合、 収穫期の葉や茎を食べれば問題はないと言う事です。

それでも、
花が咲いてから・・・は、✿を摘み取るか、食べるのはやめておいた方が良いと言う人もあります。注意しましょう。
参考までに・・・モロヘイヤの、こちらです。

063.gifこんなものも頂きました。≪ゴーヤかりんとう≫                    
a0089450_21234494.jpg
 初め甘くて、後からじんわり~苦味がきます。
つまみだすと…後をひきます^^

作り方は、こちらを参考になさってください。
by kosuzume2 | 2009-08-29 21:40 | 美味しい
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31