人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

デパートへ行こう

a0089450_16191892.jpg

真保 裕一 : 著
講 談 社 : 発行

 1、職を失い、所持金143円の男:46歳。
 2、創業家のお坊ちゃまで、デパート社長:47歳
 3、特選和食器コーナーの女性従業員:29歳
 4、宝石売り場のゼネラルマネージャー:47歳(?)
 5、デパートの生き字引と呼ばれる警備員の男:67歳
 6、新米警備員:32歳
 7、ヤクザに追われる元警察官:(?)
 8・9、10代の男女
の大勢がそれぞれ主人公で、閉店後のデパートが舞台です。

華やかで安心できる、信用の象徴・・・が、私のデパートのイメージです。
タイトルと装丁が、好きです。これを見たら、きっと買っていたと思いますがこれもお借りした本です。
想像していたものは、軽い陽気な読み物でしたが又はずれでした。

内容を「BOOK」データベースはこんな風に紹介しています。
 所持金143円、全てを失った男は、深夜のデパートにうずくまっていた。そこは男にとつて、家族との幸せな記憶がいっ
 ぱい詰まった、大切な場所だった。が、その夜、誰もいないはずの店内の暗がりから、次々と人の気配が立ち上がって
 きて―。一条の光を求めてデパートに集まった人々が、一夜の騒動を巻き起こす。名作『ホワイトアウト』を超える、
 緊張感あふれる大展開。


デパートの夜って、考えた事がありませんでしたが確かに貴重品の宝庫。
厳重で慎重なな警備体制、納得しながらも興味がふつふつ~~

シャッターが降りてしまうと籠の鳥・・・真っ暗闇の閉鎖空間に集まり、潜む、何かしらの思惑を持つ人々。
あたかも私自身が逃げ場のない暗闇と戦っているような緊張感で、ドキドキでした。

それにしても、ころころと場面が変わります。
「この人誰だっけ?」と後戻り確認も・・・・「登場人物紹介」が欲しいです。

↑の、データベースで紹介されている同じ著者の『ホワイトアウト』というのも、読んでみたいな。
by kosuzume2 | 2009-12-24 22:40 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31