人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

天国への階段

a0089450_14524591.jpg



白川道 : 著
幻冬社 : 発行

美(著者の美意識)とロマンの話です。
一言でいえば、面白かった。


題名は、レッド・ツェッペリンの「stairway to heaven(天国への階段)からで、
主人公:柏木圭一にとっての原点ともなる曲・・・下にYOUTUBU、貼っておきました。

ツェッペリンはヘビーメタルバンドですがこの楽曲はとても静かなバラードロックで、成程ぴったり。
これをBGMに読んでもいいなぁ~~

500ページ弱の上・下本ですが、さくさく興味深く、どんどん読めます。
展開が緩やかな長編なのですが、いささか無駄も多いようにも・・・全体の濃度が薄められ少し不満です。

「最も遠い銀河」と似た感じ、一途な恋、一代で財を成した青年社長が主人公と、
時効になった事件との繋がりを探り続ける刑事の攻防戦。
正義感あふれる刑事たちが、主人公の過去を推測して暴いていく様子、興味深いですがだらだらしてるかな?

殆どの登場人物達の、麗しの美男美女、頭脳明晰で強い精神力を持つ孤独な男たちは、
基本的には心根が優しい。悪人がいないのもほっとして・・・
憧れる読者が、多いのだろうなぁ・・・絵空事とは思いながら、私も^^

舞台になっている、北海道、浦河・絵笛に行ってみたくなりました。
最後のエピローグの部分は不要かな・・・?


レッド・ツェッペリン・・・1970年代の人気ハードロックグループらしい。って、私は実は知りませんでした。
見かけによらず、いい感じ~
長い曲なので、はじめの2分ぐらいは飛ばして聞いても充分素敵・・・
by kosuzume2 | 2010-01-11 17:19 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31