人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

似せ者(にせもん) / 頂き物

一昨日、読み終えた本を返送すると・・・第3弾が届きました。後輩:Uさんからです。
a0089450_12463344.jpg
箱の中身、だんだん冊数が増えてきて、
今回は14冊、10編・・・
すぐに読みたいものから、自分では絶対に手を出さないだろう物まで色々。

最近はこのUさんからの本を読むことが優先になっていて、買い置きの自分のものが置き去りにされています。
昨日は、返送後の空白の1日・・・
手持ちの文庫を1冊読みました。

a0089450_1362236.jpg

松井 今朝子 : 著
講談社文庫

【似せ者】 にせもん と読ませます。
偽者ではないのが、なんとも心憎い!

江戸時代の歌舞伎の世界の人間模様が、
『似せ者』『狛犬』『鶴亀』『心残して』の4篇に描かれている短編集。


表題作「似せ者」は、
人気役者:坂田藤十郎亡き後、
顔ばかりか、所作までそっくり似ていると評判の旅回りの役者桑名屋長五郎。
二代目藤十郎に仕立て上げられるが・・・ある日、いなくなる。

「狛犬」 
師匠の市村羽左衛門から、
「おまえたちは狛犬みたいだなぁ」とに言われた、助五郎と広治。
見た目も技量も性格も、およそ反対な二人に、・・・
見下していた相方や、踊りの師匠と芸者の娘が良い具合にからんで・・・・。
意外な結末、ちょっと切ない。

「鶴亀」
大坂の人気役者:嵐鶴助と、角座のお仕打(興行を取り仕切る興行師)の話。
50歳での一世一代=引退を決意するが、その興行が当たりをとって、いっそう舞台に執着するようになる鶴助と、
彼にに振り回される亀八。
人気役者と興行師の、お互いが欠かせない大切な間柄とは言え、
鶴助の甘えを許す亀八と、我儘を通しながら亀八に義理を立てる鶴助・・・おおらかな気分になります。

「心残して」
囃子方の三味線弾:巳三次は、
旗本の家に生まれながら、ときに芝居小屋で自慢の喉を披露する左京の美声に強く惹かれる。
幕末の動乱期、江戸が東京となる頃が舞台・・・戦いに出たまま行方不明になった武士:左京と三味線弾きそして、左京と縁の深い一人の娘・・・しみじみ、心に沁みます。
「心残して・・」と左京の声がどこかから流れてきそう~~

松井今朝子さんの本は、とにかく大好き!
切れの良い文章と情緒豊かな筋立て。そして、何より魅力的なのが、歌舞伎の内幕の専門用語です。
今回もたくさん出てきました。ノートを準備して書き留めたいと思いながら・・・読み流し、駄目ですね。

お仕打・・・おしうち:興行を取り仕切る興行師
黒御簾・・・くろみす:舞台端の囃方が演奏する場所、別名下座(げざ)
一世一代・・・いっせいちだい:引退興行
まだまだ、たくさん^^

a0089450_2137065.gif


美味しい頂き物・・・嬉しい
a0089450_21462136.jpg
この方❦❦❦から、丸のままの干芋を頂きました。
早速焼いて~~ほら、こんなに美味しそうでしょ。
モチモチで甘さ抜群!スッゴク気に入りました。ありがとうございました。
a0089450_2245418.jpg

その、美味しい干芋を半分わけして
こちら❦❦❦にお届けしましたら・・・ピカピカのワカサギを頂いてなんて良い日でしょう。
吸水シートで水気を取って、唐揚げと南蛮漬けです。

美味しい・嬉しいって、しあわせになれますね。
by kosuzume2 | 2010-01-30 22:19 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31