人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

2008年 10月 13日 ( 1 )

尾張 だゃあつうグラフィティ

尾張名古屋を舞台に、だゃあつうな奴等が繰り広げる、奇想天外名古屋弁娯楽劇
尾張 だゃあつうグラフィティを観てきました。 
a0089450_2028937.jpg

このお芝居のチラシを見た時、だゃあつうが、うまく読めませんでした。
勿論意味もさっぱりわかりません。

a0089450_2043099.jpg出演者:舟木淳さんから、達筆のご案内を頂いて行ってきました。
とっても面白かったです~

尾張藩の御畳奉行で、当時の様子を『鸚鵡籠中記』(おうむろうちゅうき)という日記に残した事で有名な朝日文左衛門の息子:鯱右衛門を主人公にした物語。
尾張藩主:徳川宗春とそっくりだったことが巻き起こす喜劇です。

セリフのほどんどが名古屋弁です。
謎の言葉だゃあつう、まさよさんの周囲では自然な言葉だそうです。
よしこさんに教わった事は、〈大通〉と言う江戸ことばが訛って〈だゃあつう〉になったそうです。
「粋な」「しゃれた」「派手な」の意味で、「大通」の〈通〉はいわゆる通で、通を超えたもっとおしゃれな人の事を指すそうです。
なぁるほど・・・

そうそう、少し前の事ですが【そそくる】という名古屋弁に出会いました。
私にとって、この言葉は「ささくれ」に通じて・・・整った物が乱れる雰囲気ですが×でした。

そそくるは、名古屋弁で繕うという意味でしたが、名古屋育ちのこすずめは知りません。
調べてみると、≪そそくる≫は九州:天草の古語【そそくる】で、①弄ぶ②修繕 修理する の意味も有りました。
同じ九州: 高千穂方言では、 けばだつ・そそける・せわしく指先を働かせる・あれこれといじる 等の意味。
土佐弁でも、忙しそうに物事をする こと。

こすずめの感覚、九州地方では通用します。
そう言えば・・・こすずめのお祖父さん、更には先祖は鹿児島出身です。
関係ありませんか?   
by kosuzume2 | 2008-10-13 23:12 | 映画・演劇など
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー