人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

2009年 07月 03日 ( 1 )

永久の棲家・・・に非ず?

永久の棲家・・・に非ず?_a0089450_22345825.jpg

とりあえず、今住む家があります・・・
贅沢は出来なくても、そこそこの楽しみもある暮らし・・・での、気がかりは、

お墓です。
夫は、いわゆる本家の長男で、墓守の義務があります。
お墓は広島県・安芸の宮島に近い鄙びた田舎に有って、近くには多くの親類が生活しています。

夫だけが名古屋に住みついて・・・墓守は、なかなか難しいのです。
曲折の末、ようやく私どもの独立と墓守の交代が認められました。

安堵と共にやってきたのは・・・では、我々の墓はどうする?と言う大切な問題でした。
娘たちは2人とも長男と結婚しています・・・
はてさて・・・?どうしたらいいのでしょう?

夫は現役を退いていますし、長男とは言っても6人きょうだいの末っ子で、姉達は高齢・・・
友人達も次々と現世から去って・・・寂しい身辺は私も同じ。
盛大な葬儀もお墓も無用よね、と話し合っています。

永久の棲家・・・に非ず?_a0089450_23205544.jpg

夫と近くて交通も便利なお寺のお墓事情を見聞に出かけました。
せっかく無いお墓をわざわざ買うののは如何なの?と思う気持ちが変わってきました。
没後33年で合祀墓へ移され永代供養されるお墓は、33年間の期間限定の使用料=お墓の代金なのだそうです。
これまでの観念では、御墓は一族の永遠の眠り場所だったのが、個人の落ち着き場所となっているようでした。
散骨とか合祀など、後々娘たちが困らない方法を考えておきたい私ども夫婦ですが、もう少し考えます。
それでも、出来るだけ早い時期に結論を出さねば・・・

それにしても ↑ マスコットの形をした墓石には、ビックリしました。
by kosuzume2 | 2009-07-03 22:01 | 生活
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー