人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

2010年 04月 20日 ( 1 )

カッコウの卵は誰のもの

a0089450_17343743.jpg



東野 圭吾 : 著
光 文 社 : 発行

スキーで元オリンピック選手だった緋田宏昌。
同じスキーで将来を期待される娘:風美。

運動遺伝子は遺伝するのか?と、ある研究所からの、
「有能なスポーツ選手の親子の遺伝子を調べたい」との協力依頼を受けた父親には、どうしても拒否しなくてはならない事情がある。

これは遺伝でもなんでもないのだ、なぜならそれは・・・の出生に秘密が・・・
19年前、海外遠征で留守がちだった緋田。
ある日、風美が生まれたとされる病院に出生記録がないことを知る。
そして当時、新生児がさらわれた事実があった。

確実に自分の子供ではない娘と共通の遺伝子があるはずはなく・・・苦悩する緋田。
「緋田風美をメンバーから外せ」という脅迫状と、彼女が乗るはずだったバス事故が起こり・・・
血縁はないながら、娘を守ろうと緋田は亡き妻の過去を追い、意外な事実が判明する。

才能と遺伝子の関係。
才能があることは幸福なことなのか。
そんなテーマを持ちながら、父が娘に隠していた秘密とその謎が解かれていくミステリーです。

ところでこの題名、なかなか面白く素敵だと思います。
カッコーという鳥は【 托卵(たくらん)】で、雛を誕生させます。
卵を他の鳥に暖めさせます。

カッコーの卵は、生みの親のものですか?それとも育ての親のものでしょうか?
by kosuzume2 | 2010-04-20 23:09 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー