人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:本( 134 )

ひとり日和(第136回芥川賞受賞)

書き出しの5~6ページに、やっぱり素人くさいよ、と選考委員の村上龍の感想に”異”を感じ『登竜門って事か・・・』とその”異”を収めながらでしたが、いつしか入り込んでいました。
読み終えてあ~、村上龍=私は青山七恵さんの《一人日和》を推した。読んでいる途中から候補作であることを忘れ、小説の世界に入っていった。・・・略=、と一緒でした。 

20歳の女性と71歳の老女の空気が簡潔・的確な会話と、たおやかな文で浮かんできます。
1983年生まれ・24歳の作者は若い目ではなくずっと大人の目を持っています。
個人的な感想:ゆるゆるとした文体はそれなりに好きですが、もう少しリズムも欲しいです。
a0089450_2112830.jpg

これを私は【文芸春秋】で読みました。
780円の【文芸春秋】は、その他興味津々な読み物がたくさんあって、お値打ちです。ちゅん
今日の食事・・・・1340Kcal(不足:VB1) 散歩:10800歩
           Zn(亜鉛)の不足が目立つので、今日は牡蠣料理でした。
 朝 昨日と同じ
 昼 わかめうどん(生わかめ・水菜・ねぎ)
 夕 牡蠣のオイスターソース炒め(卵・レタス)・菜の花の煮浸し(椎茸・しめじ)・厚揚げ・おろし添え
by kosuzume2 | 2007-02-13 21:04 |

松本清張の本

昨日と今日で、3冊読みました。
 ★松本清張文庫化作品集2
  収容作品:〔濁った陽〕〔断崖〕〔粗い網版〕〔骨折〕

  〔濁った陽〕・・・汚職事件が、関係者の自殺でうやむやになる、よくあるケースを追う清張らしい、面白い作品。1960年の物ですが、今も昔も汚職は変わっていませんねえ~
 
 ★松本清張文庫化作品集4
  収容作品:〔川西電気出張所〕〔月光〕〔統監〕〔背広服の変死者〕

  〔月光〕・・・がいい。テンポも意外性も違和感なく、どんどん読める。私の好きな清張。
  題名を初めの〔花衣〕から変えていますが、やはり〔花衣〕の方が良いのではと、思いました。
  〔統監〕・・・ 戦前の日本と朝鮮の関係がわかった様な気持ちになります。本当は?、と聞きたくなります。伊藤博文を愛妾の目で書いてあって、興味深い、ミステリーではない小説。
 
 ★日本推理作家協会賞受賞作全集9
  収容作品:〔顔〕〔殺意〕〔なぜ「星図」が開いていたのか〕〔反射〕〔市長死す〕〔張り込み〕
  この6編は、皆満足でした。

  小説は、未知の世界をうっとり見せてくれた(川西電気出張所より)、と清張自身語っています。
  その通り、読者の想像力が自然に広がってこそ、と私は思っています。
  読んでいて、情景や人物が浮かんでくるような文ときりりと締まった筋が欲しいです。
  松本清張という大家でも、駄作・凡作がある安堵と、失望が混在します。

雨でした。で、散歩はやめました。

今日の食事
 お昼 鯖寿司 / 稲荷ずし
 夕食 肉巻きサラダ180g(牛肉・ポテトサラダ)/ サラダ217g(大根・人参・貝柱)/ 納豆90g(卵・葱・海苔)
 a0089450_19262925.jpg
by kosuzume2 | 2007-01-06 09:51 |

双葉文庫は面白文庫、で松本清張

考えてみると、“動く”事から遠ざかっています。
年々、変化が億劫・外出が億劫・お洒落が億劫、になってしまっています。
せめて、こんな暖かい日は散歩をしましょうと、夫を誘って出かけました。

40分歩いてお腹がグー、回転寿司を食べました。
小さく握ってもらって10貫ずつで、3400円。美味しかったので、「又、行こうね」でした。

NHK趣味悠々【パソコンアートを楽しもう】(昨年末放送終了ですが)と松本清張の文庫本を4冊買いました。

松本清張の文庫未収録作品を集めてあって、知られざる傑作・秀作が読めるか、と期待してまずは1冊。
《草》《失踪》《2冊の本》《詩と電話》の4編を読みました。
清張らしい内容と文章は《2冊の本》。
《詩と電話》は誰でも書けるし、《草》《失踪》はまるで、下書き。これから、小説を育ててゆく筋書きに思えた。これでも、あの清張作品?が実感です。

それでも、後の3冊を早く読みたいです。

今日の食事
 お昼 回転寿司
 夕食 牛肉のオイスターソース300g(牛肉・筍・椎茸・青ねぎ・人参のグラッセ・フライドポテト) / 豆腐など588-お皿g(かまぼこ・ホウレン草) / 煮物145g(蓮根・里芋・筍・こんにゃく・・・)
 a0089450_18592794.jpg
by kosuzume2 | 2007-01-04 18:59 |

さおだけ屋

【さおだけ屋はなぜ潰れないのか?】
      山田真哉 著  光文社新書191 735円

興味のあった本が、平積みになっていました。
著者の助言:難しいところは読み飛ばせ、に素直に従って一気に読みました。

とりあえず2つの事がわかりました。
 Ⅰ さおだけ屋さんは、ちゃんと商売になっている。
    その訳は・・・、書いてしまってはいけない気がしますので書きません。
    ヒントは、商売の基本(A売上を増す B費用を減らす)が出来ているからです。
 Ⅱ 在庫は悪と思うべし。理由は、在庫コストが会計的には損をするという事です。
    私的に、家計的と読み替えました。
    在庫コスト≒賞味期限切れ・流行遅れ・破損の恐れ・場所代・探す手間、などを言います。

買った時は、高かった。
あまり着ていない、又は使っていない。
思い出がある。
ブランド品だ。
もう1回着たら処分しよう、いつか使うかも知れない、と衣類や化粧品をいっぱい持っています。

ここで、今年の目標が決まりました。
在庫処分とブログを毎日書くこと。頑張ります。

暇だったので、デパートに行ってみました。
せっかくだから、セールでセーターを買いました。
この1枚の為に、2つ何か捨てようと思っていますが未だ・・・デス。

今日の食事
 お昼 焼餅 / 昨夜のお鍋に野菜を入れたもの。
 a0089450_20511360.jpg

 夕食 鮭 / 野菜の煮物 / ホウレン草のおしたし
 a0089450_20525298.jpg

by kosuzume2 | 2007-01-03 16:52 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31