人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

東京国際キルトフェスティバル

a0089450_9261836.jpg

ご無沙汰しました。
遠野旅行・・・恵まれた2泊3日の旅から戻りました。
a0089450_1013160.jpg


昨夜帰宅しましたら・・・
嬉しい出迎えは、いぬのべたべた攻撃と、
この知らせ。
a0089450_9342857.jpg
毎年1月に東京ドームで開かれる【東京国際キルトフェスティバル】コンテストのバッグ部門・・・
応募したものが、第1次審査通過。。


言うまでもなくお師匠さんあればこそですから、自慢も謙遜も出来ない不思議な感覚です。
この祭典には、
200 3年に先生の作品が入選し、
2007年には、ふふ・・こすずめの物が、そして
2008年には、お仲間のみさこさんのショルダーバッグが入選しています。

年々応募作品の質と量が増していますので入賞は今から諦めていますが、同じ教室の誰かに入選して欲しい♥
by kosuzume2 | 2010-10-18 10:25 | メッシュワーク・

小さな幸せ・きらきらネイル

a0089450_19435113.jpg
今日も自己満足の小さな幸せに浸っています。
手袋が苦手で、水仕事も庭仕事も素手でしてしまいます。
手荒れは勿論、手の皺は土で埋もれます。
更に、爪自体が弱くなって裂けたり剥がれたりの実害も深刻なこのごろ・・・

頭のてっぺんから爪先まで~~との、お洒落の採点では落第点間違いありません。

ジェルネイルが良いのは知っています。が、費用が足を引っ張ります。
自分でいい加減に塗るマニキュアは、すぐに剥がれます。
a0089450_20183325.jpg

このところ、ちょっとしたアンニュイさに負けないでいる自分に、ご褒美上げようかと・・・
嬉しいことに心弾ませている友人に、お祝いしましょうかと・・・偵察も兼ねて・・・
                                          ↖ この部分追記です。(21:57)

初めてのサロンに行ってみました。
今日は、ジェルではなくマニキュアですが、爪の手入れとプロの塗り技で。
些細なことですが、とっても幸せな満たされた気分です。
ま、可愛いものですね。ウフフ
by kosuzume2 | 2010-10-14 20:37 | 生活

ダーリンは外国人

a0089450_19492434.jpg
人気コミックエッセー「ダーリンは外国人」の映画化、だそうです。
作者の小栗左多里(おぐりさおり)さんとアメリカ人のご夫妻の日常の顛末が描かれているらしい・・・

と言う漢字の美しさに一目惚れ、以来”語学オタク”となって日本にやってきた、
日本語の上手なアメリカ人=トニーと、さおりが主人公。
さらりと楽しめて、笑顔の観客ばかりだったと思われるお話です。

さおりに、井上真央・トニーに、ジョナサン・シェア。
加えての出演者は国仲涼子・國村隼・戸田菜穂・大竹しのぶ など、お馴染の魅力的な俳優さんも。


     ♪あ~る日突然、ふたり黙ぁるの。 
          あ~んなにお喋りしていたけ~れど♪     な、時の流れが訪れます。


良い夫を目指すトニーの家事、食器の洗い方や洗濯の方法が気に入らないさおり
せっかく手つだってくれる好意を潰さないように、ありがとうと感謝の言葉を口にしながら、
こっそり陰でやり直すさおりに気付いた、繊細な心のトニー・・・

人前では家族を悪く言うさおりの親・兄弟、それがお互いの深い信頼の上にあるとトニーは思い至り、
自分に対して遠慮した言葉しか言わなくなり、会話も弾まなくなった現実を考えようとする・・・


外国人とはわかりあえない?と落ち込むさおりに、
さおりの母親=大竹しのぶの説得力満点なせりふ。およその記憶ですが、お見事、その通りです。

 相手が外国人というのは言い訳に過ぎないのよ。
 相手に対する気遣いは日本人同士でも同じ。
 人はみんな違いがある。
 他人と一緒になるということは、その違いをお互いに認めて少しずつ譲り合っていくことよ



捻りもお洒落な雰囲気もない題名も、ナルホドです。
日本人の恋人同士でもありがちな問題は、外国人だからではない、という意味だったのでしょうね。

挿入されていた、『ダーリンが外国人な夫婦』へのインタビューが面白かったです。
by kosuzume2 | 2010-10-12 21:35 | 映画・演劇など

洗濯・小さな満足

a0089450_2120592.jpg


最近、感動する事が少なくなっているような気がします。
ご近所ランチで美味しいものをと、出かけて見ても何故かいま一つ・・・
それぞれ工夫をされていて感心はするのですが、もう一度行くか?の答えは微妙です。
年齢とともに味覚も衰えたのだとしたら、寂しいなぁ~~

そんな日常で、小さな満足を楽しめるひと時は・・・ばかばかしい位の自己満足ですが、
洗濯物の予洗い=水洗いで、汚れが落ちる様子がとっても嬉しい。
以前に、も2回記事にしています何故か満足な大好きな家事で。おほほうふふです。


a0089450_2124278.jpga0089450_21243620.jpg
Tシャツ2枚とレースのついたインナーだけでも、水中で押し洗いすると、水がこんなに濁る!
タオルも、結構汚れが出ますし・・・なんか、楽しい♪

a0089450_2135581.jpga0089450_21351885.jpg
              洗濯が終わったら・・・
              干す前に、テーブルに広げて重ねます。
              今日はコールテンのパンツを一番下にして、綿シャツ、Tシャツ、そしてタオルを重ねて・・・暫し。
              それを干して、

a0089450_21452656.jpg

                   はい、こんな感じです。
                   Tシャツにアイロンをかけていた昔が嘘のようです。
                   ふっくら・・・皺もない仕上がり。
                   あくまで自己満足の世界です。
by kosuzume2 | 2010-10-11 21:57 | 生活

旅の友~

又また、旅仕度。
a0089450_20502663.jpg
旅は身軽がなによりと、ちょっと大きめのポシェットを作りました。
新品の反物=黒の帯地と大島紬で、軽い出来あがりが嬉しいです。
傘もカメラもペットボトルも・・・眼鏡も化粧ポーチも・・・とに角、たくさん入ります。

作りました、などと偉そうですが・・・一人ではとても出来ません。
これのために、連日先生の元に押しかけて作らせて頂きました。
ふふ・・・満足
先生に感謝!です。
a0089450_20573318.jpg
こんな仕上がりです。
少し大きく出来ます。

by kosuzume2 | 2010-10-09 21:05 |

ユ〇クロな旅仕度

a0089450_20425056.jpg
ずーっと先の事と思っていた遠野旅行、
気がついたら来週です。

参考にした本には、寒い、10月以降は、しっかりとした防寒対策が必要、と書いてあります。
ダウンジャケットも持って行く?と考えていますと・・・

先週、遠野~北海道旅行から戻ったばかりのさきこさんは、
”寒くなかったよ。羽織ものを一枚持っていけばOK、ダウンなんて要らないよ~”と言います。

う~~ん。
旅行の準備、これだから嫌いだわ~
a0089450_21155975.jpg
とりあえず、インナーはこの温かいものがいいかと。
ユ〇クロで、ふふふ・・・大人買いしてしまいました。
ほぼ、手当たり次第ですが、
スリムなパンツやセーターにロングカーディガン、これらで何とかします。

調べたところでは、今日から暫くの間の気温は、20度を少し下回る程度らしい。
やはり、薄手のコートがあれば、良いかしら?
by kosuzume2 | 2010-10-08 20:41 |

6冊の本

ようやく過ごしやすくなって、
  行楽の秋・食欲の秋・そして、読書の秋・・・

大好きな読書ですが、在庫の本=夫からの払下げ本=を読み切るまでは+(プラス)、
最近の本を読めない事情も重なりながら、
新聞広告で心はそわそわ~~
a0089450_2122924.jpg
そんな私に、思いがけない荷物が届きました。
これまでもたくさんの本を貸して下さったUさんから、話題の新刊を6冊。
今、「短歌」に発熱中のUさんですが、
会社の夏休み、11日間に買われた本を送って下さいました。

その前に、どなたかに貸されたようで、
「ようやく手元に戻りましたので」と手紙にありました。 
有難いです。感謝感謝!です。

近況として・・・
月刊誌【短歌】に初投稿した作品が佳作になったと、喜ばしいお知らせも頂きました。
わぁ!良い句です。目覚ましい上達ぶり~~

   ★つばくろが低く飛び来てターンする雨の近きを言伝てのごと
   「うつ」という漢字は書けぬが気の滅入り確かにありて霖雨降りくる


私も、「うつ」書けません。
それは同じですが・・・霖雨が降らなくても気が滅入るのは、ふふふ・・・違います。

Uさん、ありがとう!
明日から、読書…再開出来るといいな。
by kosuzume2 | 2010-10-06 21:41 |

若鯱カブキクラブで、第46回顔見世。

a0089450_19483331.jpg
若鯱カブキクラブ第3回、いよいよ顔見世夜の部の公演観賞です。
開演前に、今回も、講師のの【おくだ健太郎】氏から、演目の見どころを伺います。


a0089450_203893.jpg
【舞妓の花宴 しらびょうしはなのえん
 男姿の白拍子の舞い=通称「男舞」と、烏帽子を取り娘姿となった後とで踊りの様を、時蔵が見せます。

【伽羅先代萩 めいぼくせんだいはぎ
 江戸時代の仙台藩、伊達騒動を芝居にしたもの。
 お家乗っ取りと若君暗殺を企てる悪人=仁木弾正ら、から、若君を守っている乳人の政岡。毒入りのお菓子を、若君の代わりに食べて命を落とした我が子千松を、政岡が抱きしめ独白する場面があります。
また床下(舞台装置)で警備をしていた荒獅子男之助(あらじしおとこのすけ)が、ネズミに化けた仁木弾正を取り押さえようとするセリフの全くない演技と、〈床下)の舞台に注目を。

【身替座禅 みがわりざぜん
 狂言『花子』を題材にした浮気者の大名菊五郎と、やきもち焼きの奥方=翫雀(がんじゃく)のユーモラスな舞台。

そして、【弁天娘女男白浪 べんてんむすめめおのしらなみ
 今回は、「浜松屋見世先」と「稲瀬川勢揃い」の場で、正体を見破られた弁天小僧が肌脱ぎになり、煙管を片手の名台詞:”知らざぁ言ってきかせやしょう”と、揃いの衣装で傘を差し、花道から登場する五人男がそれぞれ名乗りを上げる場面だけ上演されます。
菊之助の弁天小僧、女形の美しさはうっとりしました。
初日なので、菊五郎夫人でもある菊之助のお母様=冨司純子さんのお姿をロビーでお見かけしましたが、そっくりです。
それだけに、難を言えば・・・弁天小僧としての男役は、貫禄不足かな?年齢を待ちましょう。

ここで、
知らざぁ~の名台詞全文書いて見ましょうか。(要らないって?ふふ…自分用です)

知らざあ言って聞かせやせう。
浜の真砂(まさご)と五右衛門(ごえもん)が、歌に残せし盗人の、種は尽きねえ七里ケ浜、その白浪(しらなみ=泥棒のこと)の夜働(よばたら)き、以前をいやあ江之島で、年季勤めの児ケ淵(ちごがふち)、江戸の百味講(ひゃくみこう)の蒔銭(まきせん)を、当(あて)に小皿(こざら)の一文子(いちもんこ)、百が二百と賽銭の、くすね銭(ぜに)せえだんだんに、悪事はのぼる上の宮(かみのみや)、岩本院(いわもといん)で講中(こうじゅう)の、枕捜(まくらさが)しも度重なり、お手長(てなが)講を札附(ふだつき)に、
たうとう島を追出され、それから若衆(わかしゅ)の美人局(つつもたせ)、こゝや彼処の寺島で、小耳に聞いた音羽屋の、似ぬ声色(こわいろ)で小ゆすりかたり、名さへ由縁(ゆかり)の弁天小僧菊之助たぁ、おれがことさ


それにしても、往年の歌謡曲弁天小僧は、見事だなぁと感心してしまいます。
ご存じない方が多いでしょうが、歌詞の中に弁天小僧のすべてが見事に納めてあります。



a0089450_22321064.jpg

公演終了後開かれた、立食での懇親会。

伽羅先代萩で荒獅子男之助を頼もしく男らしく、
身替座禅では、やきもち焼きの奥方をひょうきんに楽しく演じられた
翫雀さんも参加されて、賑やかに終了。

ちなみに翫雀さんは、
人間国宝:坂田藤十郎さんと扇千景さんの御子息、扇雀さんのお兄様です。
熱烈ドラゴンズファンだって!
by kosuzume2 | 2010-10-03 22:19 | 映画・演劇など

煙草

  

a0089450_15244499.jpg

4年ぶりに、煙草の値段の大幅値上げ。
1箱当たり110~140円は、愛煙家のお財布に痛いでしょうね。

紫煙なんて、ロマンティックな表現もあったあの煙と臭い、煙草好きな男性が魅力的だったのは、遠い過去になりました。
最近は、苦手になっています。

今や嫌われ者の煙草も、専売公社が宣伝に力を入れていた時代もありましたね。
           幻ですが・・・
a0089450_16534519.jpg
                                         大蔵省専売局、かなり入っていましたねぇ~~


ここで・・・自慢にもならない、それよりかなり恥ずかしいお話をcome outしますと、
a0089450_170157.jpg
この人物、実家の家系に属します。
専売局が出来る以前の煙草商でした。

奇人・変人と言われました。
春から夏にかけて、私が追跡したかった祖父の伯父であり、育ての親でもあります。

【たばこと塩の博物館】(東京:渋谷)のHPにある、日本の煙草の歴史などで、
この人物の事も、強力なライバルでお洒落でスマートなもう1軒の煙草商=村井商会の事もわかります。こちらなら、鼻高く自慢できるのにぃ~
興味を持たれましたら、こちらをどうぞ → ♪♪♪

TOPの写真は当時のポスターで、上の博物館で絵葉書になって売っていました。
この頃のポスターも、よろしければこちらで → ♪♪♪



それにしても・・・気になるのは夫の喫煙です。
庭に出て、暇さえあれば吸っています。
禁煙したよぉ!と言っていたかと思うと、いつの間にか又吸っています。

困るのは、ワイワイ話が弾む(のは、私だけですが・・・)例えば居酒屋・例えばライブハウス・例えばお寿司屋さんで、チェーンスモーカーになり果てます。
直接夫に注意出来ない同席者から、”奥さん、体に悪いよ^^”と囁かれても、妻の言葉など聞く耳なしの夫。

最近は、そういう場所とも無縁になってそれだけはやれやれ~~ですが、困ったちゃんでしょ?(求む・賛同者)
これからも、喫い続ける気かな?
by kosuzume2 | 2010-10-01 17:37 | ニュース・噂
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー