人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

黒白、つけますか?

おっと^^・・・喧嘩成敗ではありません。
うふふ、美味しい物です。

a0089450_20524035.jpg


☆★☆さんのところで拝見した<エゴマ餅>に惹かれて、
何故か 黒ゴマ餅、そして懐かしいおろし餅。

お餅に黒白つけました。

a0089450_20513273.jpg


かちわりした鏡餅を水に漬けて2晩  シリコン容器でレンジにかけて  すりこぎペッタン




先日の揚げ餅成功のモト?も、検証しても見ました。

a0089450_20532976.jpg


堅いままのお餅をレンジでチン!
見事、サクサクの霰に変身しました~





食べ物ついでに、最近作った簡単に出来る好きなもの・・・
(More)に書きますね。    



 
こちらに引越しました。
よろしくお願いします。


More
by kosuzume2 | 2012-01-15 21:03 | 美味しい

我、言挙げす

≪我、言挙げす 髪結い伊三次捕物余話が、正式な題名。シリーズ第八弾 ということです。

a0089450_22534551.jpg
宇江佐 真理 : 著
文 藝 春 秋 : 出版

とりあえず何でも読んでみるこすずめ・・・自分で買いたい本の前に、
お借りしたり、夫が買ってきたものを読みます。

まずは、来週末に会う予定の友人から借りた4冊の中の3冊目。

<粉雪><委細かまわず><明烏(あけがらす)><黒い振袖 ><雨後の月 >
そして<我、言挙げす> の六話、どれもが魅力的な題名

時は、義賊:鼠小僧字次郎吉が活動を始める少し前の、江戸中期。
町奉行の髪を結いながら、北町奉行に小者=手先とし司えているのが、廻りと呼ばれる店を構えない髪結い伊三次。
その女房のお文は、不安定な家計を守るために芸者をしていて・・・


とにかく、
いきなりの8話目とあって、人物と環境設定が全く判りません。
ハテナ?・ムムム??の中をまぁ~いいかと。

このところ、江戸物を読む機会が多く江戸ことばに魅了されます。
リズミカルで優しい、いたわり深い心根のあふれる言葉って、しみじみ感慨深い。
おまえさん…と、呼びかけて続ける言葉の暖かさや柔らかさにほっこり^^

表題の【我、言挙げす】、初めて知った言葉ですが、
古事記に由来するもので、
倭健命(ヤマトタケルノミコト)が山の神退治に出かけた折のこと・・・
出くわした白い猪を神の使者と思った倭健命(ヤマトタケルノミコト)が、
『帰り道でお前を殺してやる』と猪に言ったことが、我が国最古の言挙げと言われているらしい。

自分の意志をはっきり言うことが言挙げ、ですが
            倭健命がいた時代は控えるべきことであり、
            我が国は言挙げせぬ国であったと、 作者は文庫のためのあとがきで書いています。

言葉は言霊=ことだま=であり、迂闊な言葉は災いろ招くと考えられていたとも。

事実を暴くというのは、一見正しい事のようにも思えるが、そうではなこともある。(252頁)

本当にそうですね~
確かに、言葉は大切です。

   


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-14 22:52 |

揚げ餅と塩麹漬け

一日遅れの記事ですが、昨日、お鏡餅を揚げ餅にしました。

a0089450_19354253.jpg


 塩味のものと

a0089450_1936885.jpg


 甘辛のもの

時々、芯までからりと揚げるのに失敗しますが、
今回は見事サクサクパリパリ^^

低温でゆっくり揚げますが、これ以上時間を掛けると焦げそうなので・・・
紙に乗せてレンジでチン!
これが、成功の元かも知れません。





そして・・・付録ですが、
なかなか美味しいのでちょっとご紹介しちゃいますね。


a0089450_19364846.jpg


≪塩麹≫の市販品をねえこがお土産に持ってきてくれて、
大根と赤蕪の漬物と
イナダに薄く塗りました。



皆様のところで自家製をよくお見かけするようになって、真似したいなぁ^^と思っていました。
これ、かなり美味しいので作らなくても良いかと・・・

お値段もお安いし。
こちら、でも試用されていました。


     
こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-12 19:33 | 美味しい

ツクバネ・・・・

いきなりお目苦しい写真でお目汚し、ごめん下さい。

a0089450_8422379.jpg


今日の新年会の姿ですが、帯締めが乱れているのが不本意です。

こすずめの姿は実はどうでもいいのです。
お見せしたかったのは、両脇に配した植物・・・ツクバネ:衝羽根です。


羽根つきの羽根にそっくりですが、本物の木の実で今日のお料理に添えてありました。

a0089450_8424118.jpg


左上の絵馬型のお皿に載っています。


雌雄異株の半寄生植物で、マツやツガなどの針葉樹の根に寄生して育つ、
高さ1~2mになる半寄生性のビャクダン科の落葉低木は、
東北地方南部から四国、九州北部にかけて分布するらしい。

以前、一度だけアレンジメントに使った事を思い出しました。
食べられますか?と聞くと、NO・・・

でも、果実を煎って食べたり、塩漬けにして料理のつまにしても良いようです。



ツクバネで思い浮かぶあの和歌、百人一首の中の一首・・・

つくばねの 峰より落つる みなの川
 恋ぞつもりて 淵となりぬる



これは、全く無関係で、

筑波のいただきから流れ落ちてくる男女川(みなのがわ)が、
細々とした流れから次第に水かさを増して深い淵となるように、
恋心も次第につのって今では淵のように深くなっている。
そんな恋の歌・・・でした。



     
こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-10 00:00 | 美味しい

早いのですが、鏡開き・・・



今日は9日ですのに、鏡開き、してしまいました。

a0089450_9504319.jpg


部屋が乾燥しているため、ひび割れが酷くくなって自己崩壊の感じもありましたし
黴も増殖中・・・

a0089450_951767.jpg



こんな様子にじっとして居られないこすずめ、とうとうバラしてしまいました。
11日に≪揚げ餅≫にします。


ところで・・・鏡もちを割るということの意味は、
大正月=松の内の終わりと、その年の仕事始めを意味するもの。



大正月=松の内(1月7日まで。関西などでは15日まで)は、年神様のいらっしゃる時期で、
お供え物の鏡餅は、年神様がいらっしゃる間は食べてはいけないと言われます。



年神様が宿るところとも言われる鏡餅は、、鏡餅を開くことで年神様をお送りし、
年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらい、1年の一家一族の無病息災を願います。

供えて、開いて、食べてこそ鏡餅の意味があるそうです。
11日になったら、大好きな揚げ餅・・・ワクワク。
それまでお預けです。     


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-09 00:00 | 生活

陽だまりの中で・・・


穏やかな昼下がり・・・ぽっと時間が空きました。
明後日の小正月、女正月(めしょうがつ)とも言いますが、その準備をしましょうか。

a0089450_23554774.jpg



長襦袢に半襟をつけます。

小正月=女正月には、晴れ着で新年会
なかなか出番のない訪問着で出掛けましょう。


a0089450_23561615.jpg



本当は苦手な針仕事ですが、
どうやら出来ました!


半襟・・・お洒落さんは見事に使いこなされますが、こすずめには色ものの扱いが難し過ぎて・・・
つい買ってしまって、いろいろ持ってはいても使うのはホワイト系ばかり。


刺繍の物は、昔のもので大切に持っているだけで使えない・・・
今回は(って、去年も確か使いましたが・・・)白系の梅の刺繍ものを掛けてみました。




古い手持ちの物・・・
本当はもう1~2枚ある筈が、迷子になっています。どこ行ったの~~?

a0089450_23564662.jpg


春に使える、南天模様と秋のなでしこ・・・出ておいで!     


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-08 23:58 | 着物

あやし~妖~ / じみへん(自由形)

暫くぶりに、本の話・・・お借りした4冊の中のまず2冊です。


a0089450_958287.jpg  宮部みゆき : 著
   角川書店 : 発行

 「居眠り心中」「影牢」「布団部屋」「梅の雨降る」「安達家の鬼」「女の首」
 「時雨鬼」 「灰神楽」「蜆塚」の9編が入っています。 
 何となく物足りないなぁと思いながらも、
 リズムの良い、美しい日本語が心地よくさらさらと読んでしまいました。
 
 楽しく・ほのぼの~、又は何か頷けるもののある本が好きな私には、
 誰しもの心の中に潜む鬼の怖ろしさや怨念をテーマにしたこの短編集は、
 日本語の優雅さや情緒ある優しさを、嬉しく思いながらもちょっと辛かったで
 す。

いっそ、長編にして頂きたかったな。


 
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%


a0089450_9583063.jpg 中崎 タツヤ : 著
 小 学 館  : 発行

 中崎タツヤが描く「じみ」な人々が繰り広げる「変」な出来事。
 『じみへん』は中崎タツヤによる日本の漫画作品。
 1989年から『ビッグコミックスピリッツ』にて連載されている15コマ漫画。
 単行本は2009年9月現在10集まで発売中。
 昨今の漫画では珍しく、セリフまで手書きである。 (Wikipediaで見ました)

 これは2冊持っているから上げる~と頂きましたが、実はこれも興味薄!
  『地味』な人々が繰り広げる「変」な出来事を漫画にしたものらしいのですが、
  ほのぼの~~もありながら、何か意味不明なものも多いのです。
 
  ゴメンナサイ     




 
こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-07 00:00 |

リードを持って初散歩


今日、神戸に帰るぱえるです。
かぁか=おかぁさん=が荷物を作っている間に、ぱったんをお散歩連れて行きます。


初めて一人でリードを持って・・・





何かPCの調子が今ひとつ^^
動画の編集もはかどりません。

間延びして、いらいらされたらごめんなさい。
実は、キーボードの反応も緩すぎ・・・ムムム^^

     

こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-06 23:12 | ぱえる

えるまーと龍


名古屋っ子のこすずめなのに
宵越しの金は残さない、いえ、残らない。それが、年越しの風邪は残っています。


昨日の朝は全く声が出なくなって・・・囁き声がやっと。
ぱえるに話しかけると、カレも同じように囁いてくれて静寂ないつもの我が家(あはは!)


紙があったら、リュウの絵が描きたいねん・・・とぱえる。
紙ならあるよ~クレヨンも探してはいどうぞ。

a0089450_23231747.jpg



真ん中の縞しま・・・<りゅう>ですって。
黄色が淡くしか出ないのでオレンジね~と・・・



<りゅう>のモデルは、こちら。

a0089450_23234367.jpg



辰年の辰=龍or竜・・・どこか可愛げがないので
今年は絵本から模作させて頂いて、ぱえるには特別な1枚を送りました。


年齢的には少し早いのを承知で、<エルマーのぼうけん>をクリスマスプレゼントに・・・
ねえこの大好きな物語だったので、もしかしてぱえるも気に入ってくれるかとささやかな希望を添えて。



長い物語を読まされるのは、ねえこには僅かながらの負担らしく
では、読んで上げよう~と、私。



その辺りにさりげなく置いて置きましたら、興味を示します。
読んであげたいのはヤマヤマですが、声が出なくては何ともならにのでハスキーボイス(古!)で質問に答えていると・・・
絵が描きたくなったそうです。


勢いに乗ったぱえる、
次々に紙を欲しがって・・・

a0089450_23241432.jpg


描きまくり。
何故か”旗"にしたいそうで
夫との共同作業は、割りばしとセロハンテープで旗がたくさん出来ました。

     


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-05 23:26 | ぱえる

ニコニコぱえる・・・実はびびりん



2日・・・我が家の新年ですが、神戸からぱえるがやってきました。
ねえこと2人だけで、お父さんはお仕事で来られません。



新幹線ホームで見つけたぱえるの姿、真っ赤なコート姿にコスプレ感・・・聞いてみると、正解!
今どきの人気キャラクター:ゴーカイジャーのレッドに変身する前の何とかの姿だそうです。 
何回聞いても忘れます。


a0089450_156207.jpg


翌日3日、≪中京テレビハウジングみなと≫へ出掛けたのは、 
ゴーカイジャーショーと撮影会、菓子まき、餅つきなどの催事があると知って・・・

ぱえるは幼稚園のもちつき大会を風邪でお休みしたのがとても心残りなのだそうです。
餅つき会の前の【ゴーカイジャーショー】・・・
舞台を見ながら、成りきりゴーカイジャーレッドかな?


握手会に並んで、
a0089450_1565156.jpg


ゴーカイジャー全員に握手して貰いました。


お餅つきもさせて貰って・・・


帰る前に遊技の<ふわふわ>:大きな風船の中に入るとトランポリン^^
トランポリン大好きなぱえるですが、入口の空気の圧に怖れをなして
嫌だ!
入らない!
怖い!と大泣きのびびりん・・・


a0089450_1553699.jpg



帰宅後、写真を見せるとなんとこの大泣きの写真が一番のお気に入り!
何を考えているのかわかりません~~


    

 
こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-04 00:00 | ぱえる
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー