人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

タグ:光る崖 ( 1 ) タグの人気記事

光る崖 / 北帰行

a0089450_23334512.jpg
夏樹静子:著
光文社 : 発行

千鳥朱子は名古屋地検の検事。
名古屋市内で発生した傷害致死事件のの参考人は、思いがけない人物だった。
ある日、秘めた関係の郷原との旅先で知り合った女性北沢昌代・・・その昌代の家の庭先で、男性が少年に刺されて死んだ。

不自然な事件を調べると、背後に浮かび上がってきた女子高生売春グループの存在・・・
夏樹静子らしく、情景描写と人物の性格や、テーマにも身近な自然さがあって、
更には展開も気になってどんどん・さらさら読めました。
名古屋が舞台で、知っている場所が随所に出てきたのも面白さを膨らませてくれました。

まだ援助交際という言葉がなかった1977年の作品ですが、
その中で「少女売春は男の買春問題でもある」と少女に言わせています。
早くからこの問題を見通しての作品、まるで現在の話のようでもありました。

それまで補導されるほとんどの子供たちは、家庭に問題のある場合が殆どだった。
それが・・・
両親も揃い、経済的にも恵まれた、真面目で素直そうな子の家出や非行が目立ち始めた時期で、親や先生
など大人が困惑してしまった今に繋がっています。

過去に、我が家のすぐ近くにお住まいだった時期もあり、当時私が親しくしていたご家族との親交もあって・・・
著者が、サラリーマンのご主人との普通の感覚の主婦らしい生活をされていらっしゃる話も少しですが聞いています。
そんな社会に溶け込んだ暮らしの中だからこその視点と想像力、素晴らしいです。


a0089450_001644.jpg佐々木譲 :著

ロシア関係の旅行代理業者の関口は、美貌のロシア人女性ターニャをアテンドすることになる。
日本のやくざの組長に妹を殺されたターニャ、来日の目的は、妹の復讐・・・
正体は、ロシアのマフィアの腕の立つヒットマン、って言われても私には想像さえ出来ない世界の話。

見事、復讐を果たしたターンやは、やくざに追われ・・・関口は逃避行をに巻き込まれる。
設定自体も相当荒唐無稽な無縁の世界。
ターニャに脅されやむをえずに協力したという設定も何か不自然過ぎて・・・理解も納得もできない内容でした。

お借りした本ですが、自分で買うことはありません。
人気作家は、なんでも売れるのでしょうか?



実は、あと2冊分の感想など書くつもりでしたが、ちょっと疲れました。
いずれ書きます。
by kosuzume2 | 2010-12-15 23:24 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30