人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

タグ:和服・リメイク ( 153 ) タグの人気記事

困りましたねぇ~

a0089450_22111038.jpg

きいちゃん、相談があるの・・・とプードルのほわちゃんがロボット猫ちゃんに真剣な眼差しです。
「あのね、お母さんが元気ないの~」
「・・・?」
「今日、お母さん着付け教室にお出かけしたの」
「・・・?」
「ショックだったらしい・・・」
「・・・?」

                           018.gif

ほわちゃん、心配かけてごめんね。
続きはお母さんが説明するわね。

先日、着付け教室から葉書が舞い込みました。…先生の健康上の理由で3月末で教室を閉鎖・・・先生の病気の事は以前、直接伺って知ってはいましたが・・・突然過ぎます。

バタバタしないで、今日のお稽古で先生からおお話をきちんと聞いて・・・出来る限りのお願いをしてみようと思っていました。

先生の発声一番は
「突然のお知らせはこのセンターの事情でしたが、あれ以上でもあれ以下でも有りません」
皆がなんとか継続に向けて頂きたいと口々にお願いしても…×

ちょうどこれまでの人生の半分=36年を和服に費やしました。今、72歳です。
これからの人生は、また新たにと思います!ときっぱり。
責任感とけじめを曖昧になさらない先生らしいお考え・・・従うしかありません。

これからどうする??
きーちゃん、ほわちゃんも一緒に考えてね。
by kosuzume2 | 2009-02-13 22:48 | 着物

春の和歌に寄せて

a0089450_22213038.jpg

着付け教室の先生からこんな綺麗な手紙を頂きました。
古今和歌集の詠み人知らず・・・の和歌、美しい文字で書かれています。

歌の意味は”この嬉しい思いを何に包もうか。衣の袂はゆったりと裁つように言っておけばよかったのに”でしょう。


     と、これは先生からの年賀状です。

は、葉書の裾の五色のことで、その重ねの名は≪色々五(いろいろいつつ)≫です。
その印刷の都合で年賀状は旧歴でと聞いていました。

きものは知恵の宝庫・・・と添え書きがありました。
先生は生徒のそれぞれに名前に因んだ一言を添えて下さって、先回のお稽古で説明しながら手渡しされたそうです。私は、お休みをしてしまったので今度のお稽古を楽しみにしていました。

紫式部の絵はがきの裏にその説明を書いてくださったのですが・・・面映ゆいような嬉しい言葉でした。
ちょっと、内緒にしますね。

こんな細やかな心配りをなさる先生ですが、実は少し心配なことが起こりつつあります。
この次のお稽古で重大発表があるやもしれません。
それまでドキドキです。

追記:先生の去年の年賀状とお話、ふふ…なんですよ。よかったら~こちらから。 
by kosuzume2 | 2009-02-08 23:43 | その他見聞読楽

見返りは負け・・・?

a0089450_2135481.jpg

大切な人とのお別れに、夫と京都まで行ってきました。
夫の高校時代の同級生ですが、私にも大切な人・・・去年、元気を貰いに行った☆★さんです。
元気そうな年賀状を頂いていましたのに・・・です。

いろいろな思い出が湧いてきます。
10年以上前、大切な・大切な人が亡くなったのと同じ2月3日でした。
何か不思議です。

着付け教室の先生が言われた言葉をふと思い出しています。
≪振り返ったら…負け~~。振り返らせましょう…≫
素敵な着物ねと衣装を褒めて貰うより、振り返りたくなる着姿にしましょうね、と言われたことがありました。

勝つとか負けるとかは好きな言葉ではありませんが、先生の話には肯けるところがあります。
和服に限らず物に負けないで(あら、負けないって使っちゃいました・・・)着こなし・使いこなしが大切です。
a0089450_2213263.jpg

話が逸れましたが、この方も私を振り返らせました。ふふ・・・負けました。
振りかえる・・・過去を振り返る事が多くなってきています。
↑の写真、10年以上前の庭です。
パンジーやビオラでこんなハンギングングバスケット、毎年20個は作って楽しんでいました。
いつの間にかやめてしまっています・・・クリックで少し大きくなります。

せめて・・・切手にもなって有名な、菱川師宣(ひしかわもろのぶ)が書いた見返り美人図の女性の様に振りかえる姿を振り返って頂けるように出来たらいいなぁ~~
by kosuzume2 | 2009-02-05 22:25 |

久しぶりのリメイク♪

a0089450_22414267.jpg

メッシュワーク教室で・・・メッシュワークとは全く関係ない物を作らせて頂きました。
先生・・・(*_ _)人ゴメンナサイ・・・そして・・・ありがとう♪(#^ー゚)vございます♪
いつも好きなことをさせて頂いて・・・感謝していますが、今日1日でこんな物を作らせて貰いました~~勝手にどうぞって、優しい先生でしょ。

これ、和服ケースです。
着付け教室には着物で出かけます。・・・が、その着物に合いそうな別の帯とか小物を持って行って、先生や先輩などの方々に相談します。
それ用の、軽くて使いやすい和服ケースが欲しかったので作らせて頂きました。

昨年末、考えた結果は・・・とっても安っぽい(失礼・・)けれど重宝だったケースのリメイク!
大島の反物を使って、1日で完成!
軽くて、使いやすく・・・見た目も良い感じ・・・(ですよね)と自画自賛!
嬉しい1日でした。感謝!

                    @@@@@@@   @@@@@@@

そうそう・・・今朝聞いた話です。
大変なことを聞いてしまいました~~

駐車違反・・・逆らうとどうなるか御存じですか?
私は、びっくりしました~~~

違反切符に文句を言うと、なんと、公務執行妨害で逮捕・勾留の可能性があるそうです。
更に・・・違反切符を切った人が、自分で転んで多少の擦り傷を負ったとすると~~~

勾留は長引き・・・場合によっては、なんと前科まで貰う羽目になるらしいです。
これ、恐くないですか?
by kosuzume2 | 2009-02-04 23:14 | リメイク・手仕事も・・・

女正月、ダブル新年会

a0089450_9595730.jpg
小正月・女正月の新年会でした。

元日を大正月と言いますが、正月の満月の日=1月15日頃までは小正月といいます。
松飾りつけておく期間を表す【松の内】、一般的には1月7日、関西では1月15日まで飾ります。
本来の【松の内】は小正月まで、から考えれば関西流が正統のようです。

小正月を女正月とも呼ぶその訳は・・・
年賀の客の接待や年賀行事で忙しかった女たちが、小正月の時期に一息ついたこと。

少なくとも私は、恥ずかしながら大正月からのんびり・・・巣ごもりこすずめには珍しいダブル新年会~
お昼は着付け教室の初顔合わせ。
先生お3人と生徒10人、申し合わせて皆晴れ着で集まって~眼に満足。

お料理もやっぱり美味しい小久保さん。a0089450_10592383.jpga0089450_10594925.jpga0089450_1102194.jpg

a0089450_1123512.jpga0089450_113813.jpga0089450_1133824.jpg

実は久し振りでしたが、さすがの味ともてなしで皆さん笑顔!
せいろ蒸しは、紅白おこわのいくら載せ・・・苦手な人におじゃこを盛りかえて頂けました。
締めのデザートは、ババロアとフルーツ~~さぁ、お稽古の会場へタクシー移動です。

きょうの知識です。
 ☆ 初詣、大抵は神社に出かけますが、2礼・2拍手の後は頭を垂れましょう。
   そして、今日までの庇護を感謝します。
   決して仏前のように手を合わせないのが礼儀です・・・と、お作法の先生。
 ☆ お正月の装いにはどこかに《白》を使いましょう・・・は、先生。 

a0089450_1215122.jpg

10年以上前に作って、着る機会のなかった訪問着と帯で、出かけました。
長着は総鹿の子絞りの振袖の色を抜いて、染・箔・刺繍で作って貰った物。
帯は落ち着いた金の箔帯に、花紋の刺繍が金と白で・・・。

お稽古の後・・・新年会夜の部は、ローズさんと2人新年会。
美味しかった”お節”のお礼を兼て、お寿司でした。
いっぱい、お話できました。
by kosuzume2 | 2009-01-09 22:28 | 着物

お座敷てんぷら・日本の色彩(いろ)

a0089450_4493438.jpg

a0089450_502112.jpga0089450_50438.jpga0089450_51585.jpg

お座敷天ぷら・・・いつかの松楓閣です。
人は日に30回笑うと良いそうですが、今日は何回笑ったでしょう・・・
着付け教室の仲間が7人、天ぷらは揚げて頂いて食べるのが何よりね~と、美味しさを満喫。

海老・小茄子・きす・さつまいも・おくら・こち・梅干しの中に甘栗はここの名物・・・と・・・かき揚げは、天茶で。
満腹、大満足ですが、着付け教室へ移動します。

今日の先生のお話は≪日本の色彩(いろ)≫
お手には、銀杏といろは紅葉を紙に並べてラミネートパックして・・・色と形の美しさ、日本の自然はやはり、素晴らしい!

今日の初耳は、ゲーテの色彩論(1810)とその前にあったニュートンの色の学説(1704)。
へえぇ~^^
難解だからでしょう・・・先生は詳しい内容には触れられませんでしたが、ゲーテの言葉を一つ。
『色彩は神の領域に有って、人間の感性によるもの』だそうです。

a0089450_635540.jpgその二人よりはるか以前の日本には、源氏物語に出てくる色彩感覚があります。1000年も前の事ですのに上下や立場の関係を表したり、移ろう季節の変化などを直感で表す美意識があります。

日本と外国の色の差は・・・その基本になるものが日本は風土による変化のみられる、外国は変化のないなのだそうです。この辺り、ちょっと消化不良で腑に落ちていない所ですが、日本って、改めて素敵!

そして、先生にも改めて脱帽です。
ゲーテやニュートンの本も読んでいらっしゃる学識の深さ。凄い方です!

夕食は、久しぶりにお寿司屋さん。
てんぷらtお寿司・・・これも大好きな日本の味!嬉しい一日でした。
by kosuzume2 | 2008-12-12 21:53 | 着物

Kikiさん

名古屋市の東のはずれの住宅が、素敵なカフェになっています。
a0089450_21505613.jpg

ちょっとだけ知り合いのKikiさんの個展を見せて頂きに・・・

和服地で洋服を仕立てられるのが本業のkikiさんです。
a0089450_2155356.jpg
a0089450_21562564.jpg
大島や絣を素敵な洋服に作りかえていらっしゃる事に驚きながら・・・私達の関心はやはり和服です。

古布を利用した半襟と帯揚げの品定めに夢中です。
3人で、いろいろGET!
ふふ・・・o@(^-^)@o。ニコッ♪

実はお忙しいkikiさんに、結びにくい帯を作り帯に仕立て直して頂きたくて出かけて行ったのです。
2本持って行きましたが、1本だけ受けて貰えました。
もう1本は、来年までお預け・・・あちらこちらで、絶え間なく個展をなさっているkikiさんですから我慢・GAMANです。

a0089450_22191367.jpg
ところで・・・このCAFE・・・私の秘密基地候補。

≪ふわふわ卵の黒パンサンド≫・・・ボリューム満点で友人はお持ち帰り。

a0089450_22244698.jpg


私は、←これをオーダー。
メニューの名前、すっきり美人のお嬢さんが、個人的に好き!と言われた≪サイコロステーキ カレー≫かな?
彼女に乗ってオーダーしたのですがとてつもなく美味しかった・・・

a0089450_22512018.jpg
和服で行ったらケーキをサービス~と聞いていた私達はバッチリ和服。
・・・・で、このケーキを頂きました。
甘すぎないで、ふ~わふわ・・・美味しいケーキに満足まんぞく。
写真を撮る前に・・・お毒見完了ポッ(*゚.゚)(゚.゚*)ポッ~
by kosuzume2 | 2008-10-11 21:29 | その他見聞読楽

やっぱり和服

今日を目指して・・・直しました。体調。
参加したのは料亭「松楓閣」での食事会。
4月に行ってから、暫くぶり・・・
先回の着付け教室で、降ってわいて突然決まったお楽しみ。
即決:全員参加!が嬉しかったので、どんな事があっても欠席はしたくなかったのです。

迷っても結局、和服で出かけました。
一人の欠席もなく全員が揃って食事をしながらの楽しい話、やっぱりこの日があって良かった~

食事の後、皆さんとお別れ・・・家でいつもの普段着になって気が付きました。
やっぱり和服はいい!。
家でゴロゴロ、グータラしているよりも、和服でお出かけって心身共に緊張感があるのでしょうね。
楽しい・美味しい・嬉しい・・・とニコニコ、げらげら、あはは、うふふ・・なんですよね。
面倒でも厄介でも、やっぱり和服が好き!と改めてわかりました。

今日の失敗は、写真をすっかり忘れてしまった事。
そこへ思いがけない福の神が、きょうこさんの写真を届けてくれました。
ご覧下さい。美しい写真・・・クリックで少し大きく出来ます。
a0089450_22142337.jpg

捨てる神あれば、拾う神あり・・・

この春健康を害されたきょうこさんからの、メッセージは・・・
 八方尾根で出合った花と風景雨と霧の中の野山歩きでしたが、
 この日のために頑張りました。正解でした
 山の花は心が安らぎます。見てください。

今日の私に、まさにGood Timingなメッセージ・・・この部分追記:13日

神様を信じるような信じないような暮らしをしていますが、どこかで感謝しています。
カソリック育ちだからでしょうか?
感謝!、御蔭様です!、私はやっぱり・・・ツイてます!
by kosuzume2 | 2008-09-12 22:19 | こすずめ感謝

又、着物ネタ・・・

着付け教室でした。
最近、着物を着る事がちょっと億劫になってきています。
暑さのせいにしたいけれど・・・やっぱり老いが原因かもしれません。

月に2回のお稽古日は、とにかく着る!とにかく出かける!と、自分に発破、自分で奮起。

さて、何を着ましょうか?
8月なので麻と決めて、箪笥を開けたら大好きな帯が目に入って・・・《この帯、どれに合う?》と、閃いたのは・・・手近なこれ、昨日の帯に合わせた物。倫子地の染鹿の子
a0089450_10482188.jpg

どうでしょう?微妙~ってこのための言葉かも知れません。
あれの方が合うかな?と別なものも浮かびますがまた今度。

着付け教室とは言っても、真面目に着付けを教わっているのは3月に入られたお一人だけ。
その他は、帯地のお勉強。

先生の今日の装いは、縦絽の二藍(ふたあい)に秋草を描いた長着に榖織り(こめおり)の帯。
説明を聞きましたが、省略・・・但し、この有職(ゆうそく)織物の帯は2代目人間国宝:喜多川俵二(初耳です)作の素晴らしい織物です。
平安時代の高貴な方々の夏の衣装だったそうで、多分光源氏や紫の上も纏われたのでしょう、それはそれは繊細で優雅な織物でした。

先生のお召し物はいつも、さりげなく、目立たないけれど優雅で素敵な物ばかり・・・
自慢げには言われませんが、伺えばびっくりするほどの由緒ある高価な物ばかり・・・
そんな本物を見せて頂いて、私は目を育てられました。

本当に感謝!、御蔭様、そしてこの出会いに私はツイているとしみじみ思います。

そして・・・
瓢箪から~駒。
次のお稽古日に楽しい計画、全員一致で即断しました。
今日、お休みの方も参加予定・・・さぁて・・?等と気をもたすことも有りませんが即断が気持ちいいです。
多分、後日書きますね。
by kosuzume2 | 2008-08-22 22:43 | 着物

アンティークが好き

この春、小さな買い物をしただけなのに、思いがけず京菓子を送って下さったお店から催事の案内が届きました。
お菓子のお礼旁々出かけて行って・・・染と刺繍の丸帯を見つけてしまいました。
古いものですが仕立て直してありますし、シミもイタミも有りません。
こういう古い色や柄が好きなので買ってしまいました。
疋田の雲取りに黒い線が見えるのは、金駒と言う金糸の取れた痕。秘密基地で直して貰うつもりでノープロブレム。
a0089450_10201919.jpg

a0089450_21224089.jpg

もう1本、これとは趣の異なる帯にも一目惚れ・・・シミがあるからお勧めしません、と欲しがるこすずめに小さなシミを教えて下さいます。

一昨年ですがお念珠を買って、あとで桃を送っていただいた事も有ります。
その時も次の催事でもう一本買おうとしたら、定価を下げてセール価格にして貰った事も有りました。

どうして皆さんそんなに親切なんでしょう。
一見(いちげん)の初めての客は、高価な物を買ってもいないし・・・不思議です。
不思議ですが、本当にうれしい出会いです。
ありがとう!感謝します!わたしって、ツイてます!って、幸せを呼ぶ魔法の言葉そのまま・・・

                  ******** ********
a0089450_2255656.jpg

               天窓のシェード取り付けが終わりました。
by kosuzume2 | 2008-08-21 22:07 | 着物
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー