人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

タグ:我、言挙げす ( 1 ) タグの人気記事

我、言挙げす

≪我、言挙げす 髪結い伊三次捕物余話が、正式な題名。シリーズ第八弾 ということです。

a0089450_22534551.jpg
宇江佐 真理 : 著
文 藝 春 秋 : 出版

とりあえず何でも読んでみるこすずめ・・・自分で買いたい本の前に、
お借りしたり、夫が買ってきたものを読みます。

まずは、来週末に会う予定の友人から借りた4冊の中の3冊目。

<粉雪><委細かまわず><明烏(あけがらす)><黒い振袖 ><雨後の月 >
そして<我、言挙げす> の六話、どれもが魅力的な題名

時は、義賊:鼠小僧字次郎吉が活動を始める少し前の、江戸中期。
町奉行の髪を結いながら、北町奉行に小者=手先とし司えているのが、廻りと呼ばれる店を構えない髪結い伊三次。
その女房のお文は、不安定な家計を守るために芸者をしていて・・・


とにかく、
いきなりの8話目とあって、人物と環境設定が全く判りません。
ハテナ?・ムムム??の中をまぁ~いいかと。

このところ、江戸物を読む機会が多く江戸ことばに魅了されます。
リズミカルで優しい、いたわり深い心根のあふれる言葉って、しみじみ感慨深い。
おまえさん…と、呼びかけて続ける言葉の暖かさや柔らかさにほっこり^^

表題の【我、言挙げす】、初めて知った言葉ですが、
古事記に由来するもので、
倭健命(ヤマトタケルノミコト)が山の神退治に出かけた折のこと・・・
出くわした白い猪を神の使者と思った倭健命(ヤマトタケルノミコト)が、
『帰り道でお前を殺してやる』と猪に言ったことが、我が国最古の言挙げと言われているらしい。

自分の意志をはっきり言うことが言挙げ、ですが
            倭健命がいた時代は控えるべきことであり、
            我が国は言挙げせぬ国であったと、 作者は文庫のためのあとがきで書いています。

言葉は言霊=ことだま=であり、迂闊な言葉は災いろ招くと考えられていたとも。

事実を暴くというのは、一見正しい事のようにも思えるが、そうではなこともある。(252頁)

本当にそうですね~
確かに、言葉は大切です。

   


こちらに引越しました。
よろしくお願いします。

by kosuzume2 | 2012-01-14 22:52 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31