人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

タグ:映画 ( 46 ) タグの人気記事

あなたは私の婿になる

あなたは私の婿になる_a0089450_20105318.jpg

今日もまた、ご近所の三越映画劇場へ・・・

上から目線なこの題名・・・
気楽なラブコメディーと信じて出かけました。
予想は大正解!楽しんできました。の予告編で、殆ど流れはわかります。

マーガレットは『魔女』と呼ばれて、社内で恐れられる出版社の敏腕編集長、カナダ人。
何故か、事情は不明ですが、ビザ更新が出来ずに国外退去寸前。仕事を辞めない為に、彼女が考えついたことは、アシスタントで編集者志望のアンドリューとの偽装結婚。

これだけで、大筋は想像できますよね。
いろいろあって・・・最後はラブラブ:ハッピーエンドははお約束通り。
あなたは私の婿になる_a0089450_210523.jpg

びっくりしたのは、アメリカ移民局の移民目的の結婚の取り締まりが厳しいことと、アンドリューの実家。
実は、アラスカの名士で大金持ちの一人息子。船でお城のようなお屋敷に出入り・・・夢のような世界です。

出演者ですが、アンドリューの母親役のメアリー・スティーンバージェン、何かで観たと思うのですが、わかりません。
幼馴染のマリー・アッカーマンは、『幸せになるための27のドレス』にでていました~

アラスカの海と空、綺麗でした。
行って見たいなぁ~


by kosuzume2 | 2010-02-19 21:29 | 映画・演劇など

南極料理人

こういう映画、大好き!   と・・・大満足な映画を観ました。
南極料理人_a0089450_214849100.jpg
昭和基地から1000km内陸に離れ、
富士山頂より高い標高3810mの≪ドームふじ基地≫で、
8人の男が1年半近く共同生活をする・・・・氷点下54℃、日本からの距離は14000kmでの究極の単身赴任。
主人公:西村は、そこの料理人となります。
豪華な食材が次々・・・あぁ~~食・べ・た・い!

南極観測隊に料理人として参加した、西村淳原作の「面白南極料理人」を映画化したものです。
とはいっても、今日それを知ったばかりです。
かなり面白そうな本、レシピも載っているかも・・・
見つけたら多分買います。

猛吹雪、果てしない雪の平野・・・南極のシーンは厳冬期の北海道・網走だそうです。

出演は素敵な俳優さん揃いで、堺雅人:生瀬勝久:きたろう:高良健吾:古舘寛治:黒田大輔:小浜正寛:豊原功補 さん他。

下手な講釈よりも、
予告編(↓)、まぁ見て下さい。
楽しさと切なさと美味しそうさは十分お分かりいただけると思います。




あら・・・
また・・・
鍵を外し忘れていました~~気がついたのが、8日午後5時半です。

すみません、非公開の鍵でした・・・分りにくかったですね。記事、昨日書いたのです
by kosuzume2 | 2010-01-07 22:14 | 映画・演劇など

ちゃんと伝える

ちゃんと伝える_a0089450_21592827.jpg
監督: 園子温 作品
出演: AKIRA, 伊藤歩, 高橋惠子, 高岡蒼甫, 奥田瑛二
予告編・・・こちらです 


これも、三越映画劇場で観ました。
11日までの上映なので、その前に・・・

予告編で知らされていることですが、癌で倒れた父親よりも、自らの余命が父親よりも短いことを知った息子。

父親と確執のある息子ですが、父親が癌で入院した事を知ったとき、優しく穏やかに両親に接します。
今までの確執など何も無かったような、実に羨ましい好青年~は、見舞いに通う病院で父親よりも重症な癌の告知を受けてしまうのです。

自分より後に残るであろう確執深い父親・長年の恋人などに、なにをどう伝えるか?
愛する人を失う事よりも、愛する人を悲しませたくない・・・
最大の親不孝は父より先に死ぬ事、オヤジ先に死んでくれ~と願う若者。
ちゃんと伝える。ちゃんと伝える。・・・繰り返し、繰り返されるフレーズでした。

その好青年を演じているのがEXILEのAKIRAさん、凄く自然な良い感じ~~
私は、EXILE と言うグループ名をどうやら知っているだけで、その活動は全く知りません。勿論、AKIRAという人も始めて知りました。
ざっと検索してわかったのですが、実際の彼は ↑ ようなキリリとしたシャープな良い男ですねぇ。
映画の役が結びつかないので、並べてみました・・・何度見ても、同じ人には見えません(笑)

終盤で、この息子はとんでもない行動をして驚かされます。
この部分は、有り得なさ過ぎでしょう!!

涙がじんわり~~無理な部分にも気も散るのですが・・・出演者が皆さん素敵ですし、良い映画でした。

それにしても、考えてしまうのは<ちゃんと伝える>と言う事。
今も、ちゃんと伝えたいと思っている事が色々あるのです。
それが、なかなか出来ません。
思ったことを思ったままに言う事では有りませんよね。

私にとっての、ちゃんとは 何かなぁ?
by kosuzume2 | 2009-12-08 22:18 | 映画・演劇など

そんな彼なら捨てちゃえば

楽しい旅の後、気ふさぎなことがあって・・・気分転換に映画に出かけました。
明日までの上映 ≪そんな彼なら捨てちゃえば≫ 三越映画劇場です。

そんな彼なら捨てちゃえば_a0089450_20383312.jpg

仲良しの同僚、一目惚れと失恋の常習者:ジジ
           同棲7年目の恋人と結婚至らないべス
           幸せな結婚生活をおくっている(はず)のジャニーン


女の勘違いと男の本音を知るお話・・・
『ラブソングができるまで』のドリューバリモア、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソンも出ているようで、期待。



ジジ役のジニファー・グッドウィン、ぽっちゃり可愛らしい女優さん。美人とは言えないかも知れませんが愛嬌があって良かったです。

映画は、場面が代わり過ぎてちょっとついて行かれません。
話の展開も、起伏が少ないからでしょうか・・・珍しく集中できません。つい、眠ってしまった~

気分転換ならず~~~

055.gif

本が届きました。
一昨日の旅で、後輩から読了後の本をお借りする事になって、
とりあえず、7冊。
そんな彼なら捨てちゃえば_a0089450_21104379.jpg

買うのを迷っていた村上春樹『1Q84』も貸して頂きました。
お勧めは白川道『もっとも遠い銀河』、早速読んでみます。
by kosuzume2 | 2009-11-05 21:14 | 映画・演劇など

60歳のラブレター

60歳のラブレター_a0089450_12155588.jpg
              出演は、中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵…他

【60歳のラブレター】これも、いつもの三越映画劇場での上映。⇒ こちらに予告編
あらぁ^^びっくり!なんと満席・・・

定年を機の一つとして・・・人生の一つの転機の60歳前後を迎えた3組の夫婦の物語は、実話からのドラマです。
住友信託銀行が≪60歳のラブレター≫の募集を初めて8年でしょうか?
”日本一短い母への手紙”同様、はがきエッセイの募集で、その中の3通が原作。

大手建設会社専務を意思で辞めた孝平とちひろ、口喧嘩の絶えない正彦と光江、妻を亡くし娘と2人暮らしの地味な医師、静夫とハイミスの流行翻訳家、麗子……3組の男女の物語は、98%の女性が同感し、95%の男性が反省感を持ったとか、なるほど。

口喧嘩の絶えない正彦と光江夫婦を演じたのはイッセー尾形、綾戸智恵ですが、この二人が実に良かったです。エピソードが、じんわり、しみじみ・・・これも実話なんですね。

3組のそれぞれに大きな役割を果たしているのは、手紙。
 新婚旅行先で30年後の夫に宛てた妻の手紙・・・
 娘が父親の心を汲んで書いた英語の手紙・・・
 夫の60歳の誕生祝いに添えられたちょっとシャイな手紙・・・

昨年の「おくりびと」と同じ、カナダのモントリオール世界映画祭「World Greats」部門への出品も決定したそうですが、結果が気になります。


                        ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ ♡ ♥ 

そして嬉しい手紙、私も受け取りました。いつも暖かいコメントを下さるharumiさんから・・・
60歳のラブレター_a0089450_20311927.jpg
お母様お手作りの刺し子のお布巾です。丁寧にそろった針目で、彩りも楽しい・・・使えうのが勿体ないです。
西表のマングローブ林のスケッチ入りの絵葉書立てとか、60歳のラブレター_a0089450_20314598.jpg60歳のラブレター_a0089450_2034179.jpg
珍しいお菓子≪塩黒糖≫は、初めてです。しょっぱ甘くて・・・美味しい!   
いぬの歯磨きシートも入れて下さって・・・

暫く前、読書好きのお母様にお送りした僅かな本の為に、わざわざ縫って下さったようです。
こっそり受け取って頂けば・・・と、思っていましたが、こんな嬉しいお心使い有難く頂きます。
感謝!

057.gif

伊勢湾台風並みの大型台風18号が接近している様子です。
大雨・洪水・高潮注意報~の呼びかけが絶え間なくTVから流されています。
休校・トヨタの工場休業も発表され、裁判員参加の裁判で、審議の繰り上げもありました。
久し振りの大きな台風・・・被害が小さく済みますように(祈)

by kosuzume2 | 2009-10-07 21:00 | 映画・演劇など

花吹雪、平成中村座

花吹雪、平成中村座_a0089450_2103942.jpg
名古屋城内二之丸広場に建てられた芝居小屋=「平成中村座」、昼の部公演に行きました。
総席数 832  お大尽席4席もあります。
席料は、松席 ・竹席 ・梅席 ・桜席 が、15000円~11000円、お大尽席 36,000円(税込)

小屋の中には赤い提灯が華やかにつるされ、天井には「中村座」と書かれた大提灯・・・江戸時代の中村座そのものの再現だそうです。
写真撮影禁止とのことで、とても残念です。

今では座席での飲食禁止(歌舞伎座はOKでしたが・・・)が多くなりましたが、かつては、飲み食いしながら見るほど庶民の娯楽で気軽なものだった歌舞伎。
幕間には、お弁当やおつまみ、筋書きなど売り子さんが声を張り上げていたなぁ~~と、今日もそんな光景が懐かしく思い出されました。

花吹雪、平成中村座_a0089450_23425812.jpg
昼の部の出し物は≪法界坊≫、中村勘三郎と串田和美のコラボレーション版です。

いやはや~~~もう、面白い!小さな小屋で座席も狭めですが、演者と観客が間近かな親しみやすい雰囲気・・・笑って笑ってリラックス。


中村橋之助、勘太郎、七之助に、笹野高史がまことに芸達者で楽しませてもらいました。
客席のあちらこちらから、登場する出演者・・・・サービス精神旺盛!
役者さん達の体の柔らかさ、凄いです。
また、当意即妙なアドリブ・・・これにも舌をまきました。

そして・・・勘三郎は踊りも素晴らしい~~お馴染みの”かっぽれ”の軽やかで確かな余裕ある動きも絶妙ですが、幕間を挟んでの正統派の踊りが実に良かったです。
歌舞伎役者は踊ってなんぼ・・・納得です!。
花吹雪、平成中村座_a0089450_0161511.jpg


そして・・・わぁ~っと、どよめいたのが終盤。
舞台奥、正面の壁がさっと開いて、二の丸庭園とお城の建物の一部・・・借景がそのまま舞台装置になっています。
舞台では鬼が踊り狂い、花吹雪が美しく舞い落ちる豪華な演出にスタンディングオベーション!
カーテンコールが、三回もあって大満足。本当に楽しかった~~

そうそう・・・ ↑ の、白抜きの紋様が、中村座の定紋「角切銀杏(すみきりいちょう)」です。
by kosuzume2 | 2009-09-14 20:19 | 映画・演劇など

スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア_a0089450_1054916.jpg

2009年のアカデミー賞8部門を獲得した≪Slumdog Millionaire スラムドッグ$ミリオネア・・・毎度、の三越映画劇場ですが90%近い入場率。
明日までの上映だから?それとも、第81回アカデミー賞での作品賞、監督賞ほか最多8部門を受賞効果でしょうか?

スラムドッグ〉の意味がようやくわかりました。
それは、スラムで育った貧しく無学な人への蔑称。

世界各国で放送されている「クイズミリオネア」、問題の最も易しいのは日本、そして最も難問はインドなのですと。

その難問を次々クリヤーして最後の一問を残すだけになった、無学なスラム街(インド・ムンバイの)出身のジャマールに不正の疑を持つ司会者。(この司会者、みのもんた風・・・)

彼は、どうして正解を答えることが出来たのか?
拘留され、拷問で責められながら・・・彼自身が語る過去から不思議な啓示が見えてきます。
そして、一人の少女=ラティカを思い続けたジャマールの純愛、応援してしまいます。
そうなんです・・・この映画の本質は、いま時懐かしい純愛ロマンの物語。

優秀な頭脳ででどんどん成長を続けるインドですが、ヒンズー教とイスラム教と宗教問題もあるようで、未だ
格差の激しいインドの現実は、目を覆ってしまう光景もありました。
それでも、子供たちは生き生きして、逞しい!
凄い生活力です。


余談ですが、この映画の子役たちは実際にスラムでスカウトしたそうで・・・
少女=ラティカの子役、ルビーナー・アリーの父親が20万ポンド(約2900万円)でどこかの大金持ちに彼女の養子縁組図ったとかの噂もありました。
母親の通報でいったんは逮捕された父親ですが、人身売買を裏付ける証拠がなかったと不起訴だったそうです。



昨夜は遅くまで娘が来ていまして・・・
書きかけで眠くなってしまいました。
11日に続きを書いて、UPしました(。-_-)ノ☆・゚::

by kosuzume2 | 2009-09-10 20:50 | 映画・演劇など

今度の日曜日に

久し振りに、少し爽やか~~
暫く三越映画劇場に御無沙汰、気がついたら今の映画は今日が最終日。
今度の日曜日にこれも、積極的に観たいことでもないまま・・・たまには外の空気を求めて・・・

毎度同じセリフになってしまいますが、
すっごく良かった。いい映画。三越劇場に外れなし!
市川染五郎と、韓国のユンナ、この2人がなんともいじらしい。
いじけないで自分と実直に戦う様子が、なんとも爽やか。

予告編 ↓ がなかなか面白く出来ています。


友人に騙されて・・・サラ金から借金をして、返済中。
妻子と離れたおじさん=染五郎は、新聞配達、学校の用務員、ピザ配達の3つの仕事を持っている。
勿論、ゆっくり眠る時間はない。あるとすれば、日曜の午前中だけ・・・

そんな彼の睡眠は、学校の用務時間中の居眠り・・・姿勢を崩さず立ったままで熟睡!

ここで、私は懐かしい過去を思い出して忍び笑い~~中学と高校の仲良しは、はるばる岐阜県から学校(名古屋の外れ)へ通っていました。
授業中・・・背筋を伸ばして、目を開けて・・・眠っていました。
片道2時間以上かかった通学、眠いのはわかりますが・・・授業中に起こるくすくす笑い、思い出しました。

この映画・・・思わず声を立てて笑ってしまう場面も沢山あったのですが、思いがけない涙の場面も・・・
鼻をクシュクシュ・・・周りからも聞こえましたが、わたしも。



長野が舞台の風景と空気が美しい~
そして、流れる音楽と歌声も美しい~~

知らなかったのですが、ユンナさんは本当は歌手だそうで、このテーマの歌も彼女の歌。
↑ で、聞かれます。

もう一つ知らなかった事は、中村俊太と言う俳優。4月に大麻取締法違反で逮捕された中村雅俊の息子でした。逮捕、その後がどうなったかは知りませんが・・・TVドラマなら、放映中止なのに・・・と思った次第です。
by kosuzume2 | 2009-08-14 22:37 | 映画・演劇など

剱岳 点の記  / コリンキー2

剱岳 点の記  / コリンキー2_a0089450_2143111.jpg
話題の映画、感動的な映画のようです。↑、クリック拡大出来ます。
yasukonさんの記事を読んで、早速観てきました。

剱岳・・・【ツルギ】とか【死の山】とも呼ばれる、標高2999Mの切り立った険しい山に、日本地図の標の建立を目指して日本初登頂に挑む明治の男たち。
新田次郎原作です。
新田次郎さんは、気象庁出身で富士山の測候所を設立した非常に有能は人物だったようです。

小説【八甲田山】も過去に大ヒットした映画【八甲田山雪の彷徨】(でしたっけ?)になっています。ぎりぎりの、命を賭けた男たちの熱い連帯感は心を打ちます。

そう言う意味では・・・映画の制作に携わった監督から出演者、撮影を支え協力した影の人々の結束は、どんなに大きく素晴らしいか~~羨ましい感じがします。私ね、こういう事好きなのです!

出演の皆さん、素晴らしいのですが個人的には香川照之さんにほれぼれ・・・
公式サイトで素のご様子を見たのとはまるっきり違う人物を演じていらっしゃるのですが、見事です。
この方は、先日の「ディア・ドクター」でもいいなぁ~~と。
たしか、東京大学出身で頭脳も一流なんでしょうねぇ・・・。

                   ``````````````````` 

生で食べられるかぼちゃ:コリンキー第2弾です。
剱岳 点の記  / コリンキー2_a0089450_21463233.jpg
昨日、糠みそに入れた物です。映画に行っていたので、昼間もずーと漬けたままでした。
胡瓜はちょっと漬かり過ぎましたが、コリンキーは又漬けようかな?っと。
剱岳 点の記  / コリンキー2_a0089450_2150227.jpg
加熱は何で試そうか?と迷った末に素揚げにしました。
ついでに、作った天ぷらは下手でした。ションボリ・・・

素揚げ、甘みはしっかりありましたが普通のかぼちゃですね。
もっと、ほっこりした物が好きなので、煮るのはやめます。
サラダかお漬物が正解かも知れません。
by kosuzume2 | 2009-07-06 21:56 | 映画・演劇など

ディア・ドクター

昨日の夕刊2紙(朝日と日経)に映画:【ディア・ドクター】がクローズアップされていました。
わぁ・・・是非、観たい。
ディア・ドクター_a0089450_2143357.jpg
ストーリーは・・・
予告編は、こちらで・・・

主演は笑福亭鶴瓶で、 瑛太、余貴美子、香川照之、八千草薫、井川遥そして中村勘三郎も出演しています。

過疎の村で村民に“神様・仏さま以上”と慕われていた医師・伊野(鶴瓶)の突然の失踪で、明らかになった【伊野の嘘】が村民の気持ちをどう変えたか・・・
これは、物凄く現実的で恐ろしい人の心理です。

劇中の伊野と鶴瓶さんが実はすごく似ていると思うようになっていた、と撮影終了後に話す監督の西川美和さん。
また「人を喜ばせたいという欲求が人一倍強い。でも、いわゆる『善人』かというとそうは言えない」と鶴瓶を語り、「伊野の人物像で私がこだわったのは、善人ではないけど、目の前の人に要求されたことに答えてしまう“自分のない男”でした。結局、似た人を選んでいたんだなぁ」と思われたとか。

鶴瓶に乾杯(NHK)での素に近いと思われる鶴瓶師匠が、そのまま画面に出ている感じ・・・確かに、「善人」100%ではなさそう。それでも、悪人ではないでしょう。
これって、私自身かも知れません。

原作は西川美和監督の小説「きのうの神さま」・・・この題名、納得です。
ほとんどの映画は三越映画劇場で、無料で観られますが今日はちゃんと支払って・・・
鑑賞料払って観たから尚良かったのかも知れませんが、とてもいい映画でした。

ディア・ドクター_a0089450_22123644.jpg

それにしても、最近の映画館は進化していますね。
今日行ったのは「ミリオン座」ですが、同じ建物の中に3つのスクリーンが有ります。
これは、名古屋駅前:ミッドランドシネマなどでも然りですが・・・驚いたのは、チケットに番号が付いていて入場は番号順です。
上映予定時間の10分前までは、1階のショップでお茶を飲んだり買い物をしたりして時間をつぶします。
ショップのグッズの豊富な事~~~自転車から風呂敷・手ぬぐいまで・・・・
待っている間に、つい買ってしまいますね。
私・・・かろうじて我慢出来ました。偉い!
by kosuzume2 | 2009-06-27 22:16 | 映画・演劇など
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31