人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

タグ:桐野夏生 ( 2 ) タグの人気記事

IN・・・桐野夏生

a0089450_1692395.jpg



桐野夏生 : 著
集 英 社 : 発行


【OUT】と言う、衝撃的な著作と関連があるのだろうと、漠然と思っていました。
おや、違いそうだな?と思ったのは、目次を見て・・・でした。
それは、
第1章 淫 / 第2章 隠 /第3章 『無垢人』(緑川未来男作) / 第4章 因 / 第5章 陰 / 第6章 姻 / 第7章 「IN」

主人公、女流作家鈴木タマキが今書こうとしている小説は『淫』と言う題名で、・・・以下、8ページ目の本文を数行転記します。
a0089450_22574667.jpg

緑川未来男の「無垢人」という作中作品、第3章にありますが、好きな作品です。
作者と妻、そして愛人の関係が無駄なくかつ淡々と書かれています。
これは緑川本人のある時期の暮らしを描いたことになっていますが、
作中の緑川の愛人〇子が謎に満ちていて・・・
タマキがその正体を明らかに、突き止めようとします。この部分は、ミステリーっぽい展開。

タマキ自身も編集者との不倫関係を精算したばかりですが、未だその泥沼から抜けきっていない現在・・・
〇子の謎を解くことと自分の恋愛を重ねることが、『淫』という小説のテーマになっている「恋愛の抹殺」になるのか?
そのつながりが私には理解できません。
理解できないついでに、 ↑ の引用文、原文のママですがこれが既に理解できない私、理解力なしですね。トホホ。

『IN』という小説の、「淫」、「隠」、そして基となる「因」等、好きになれない言葉の為でしょうか、この作品はどうも好きにはなれませんでした。
それにしては、ぐんぐん読ませられる・・・不思議さ。

【OUT】と【IN】のつながりは、実は作者の個人的な事情を知る人には納得出来ると風の便り~~ひそやかに~~
by kosuzume2 | 2010-03-09 23:01 |

ダーク(桐野夏生)

a0089450_20194839.jpg
雨でした。
←≪もみじ葵≫です。去年の秋、東山植物園で拾った種から花が咲きました。

行く所も,する事もいろいろ有りますが、ちょっと気合不足。

a0089450_20445183.jpg
本棚を漁ったら、知らない文庫本を発見。
ダーク(桐野夏生)・・・
この人の物は厳しい内容の物が多いし、題名からしてほんわかではなさそう。
でも、とりあえず一気に読破しました(実は、斜め読み・・・)

「40歳になったら死のうと思っている」 という見出しは、その訳は?と魅力的。
ただ、読み進んでも全く美しさに出会えない内容に、私は読み飛ばし・・・。

日本、韓国また日本、を逃げたり追いかけたりの話ですが、一切の救いもありません。
義父を見殺しにした主人公の女性は、義父が最後に愛した女である盲女・久恵に追われ続けます。
偽のパスポートを手に入れて韓国へ逃げ、関わる全ての人間を災厄に巻き込み、毒を撒き散らす主人公。

読後感・・・桐野夏生は寒すぎる。・・・が、魅力もある不思議さ。

今日の食事
 昼 スパゲッティ(ミートソース)
 夕 刺身盛り合わせ・茄子とオクラの煮物・野菜類素揚げ・きぬかつぎ
by kosuzume2 | 2007-10-19 20:52 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30