人気ブログランキング |

こすずめ日記

kosuzume2.exblog.jp ブログトップ

タグ:海津大崎 ( 1 ) タグの人気記事

余呉湖と海津大崎

これが、余呉湖・・・?

a0089450_7161290.jpg
 
「想像していた風景と違い過ぎ~」

辺鄙でなんにもない鄙びたところと、さんざん聞いていたわれわれ・・・
初めて見た美しさに、あちこちからこんな声が聞こえました。

別名「鏡湖(きょうこ)」とも言われる小さな湖の静かな湖面に、山や雲がに映る様がさわやかです。 


a0089450_18585222.jpg
羽衣伝説もあって、これが天女の羽衣をかけられたという伝説の柳です。
柳らしくありませんが、何とかという中国種のこの木は、日本に数本しかないそうです。
羽衣伝説は、こちらがわかり易いです ⇒ ◆◇◆ 写真も、そこからお借りしています。


が、ちょっとぶち壊しの現実もありまして、
 よごれみず だから(なので?)ここは よごのうみ  こんな戯れ歌を口ずさむ先輩も・・・こっそりばらします、ふふ。



***********


a0089450_1414377.jpga0089450_14134230.jpg

5人部屋を2~3人利用で
ゆったり眠った【エクシブ琵琶湖】を
9時に出発・・・



昨日の地図は、我ながらわかりにくいですが、
湖岸沿いのさざなみ海道を、余呉湖を目指して北上、周囲6.4kmの小さな余呉湖を1周して  →  海津大崎 辺りマキノで昼食。 → 余呉湖へ引き返し → 渡岸寺 → 名古屋への帰途につきます。

マキノというのは珍しくカタカナの地名=駅名で、食事処はトトロの貸切でした。

海津大崎は美しく長い桜並木が有名で、陸からも水上からも花見が出来ます。
某(故人)有名作家がお気に入りの隠れ宿で、生前は内緒のお宿・・・そこのお料理が私は大好き!

花の季節の予約はとても難しいのですが過去に3回ほど行きましたその1回残念な事にいつも桜とはすれ違い・・・
ここの鮎の佃煮や、鮒ずし、お好きな方には大好評・・・
前を通ったらバスを止めて貰おうと心中秘していましたが、見逃してしまいました。う~ん、残念。


そして、
歌舞伎などでおなじみの勧進帳、兄頼朝から追われる源義経や弁慶達が山伏の姿に変装して逃げる途中、
安宅の関での弁慶のお芝居で難を逃れる話ですが、
その逃走経路が 比叡山 → 海津大崎 → 安宅の関…説もあります。
来春は桜と美味しいお料理に何とか出会いたいと夢見ています。


話がそれました。
余呉湖へ戻ってからは、北陸道で《渡岸寺》まで。

国宝11面観音像が、ケースに入れないでぐるりと全方向から拝見できます。
頭部が、それぞれ首の部分から抜く事が出来るそうですが、使われた木は80%が同じ木で掘られているそうです。
柔らかな曲線の、背丈およそ195cmの観音様でした。

a0089450_20433934.jpg


危なげな体力の私でしたが、
助けるのも助けられるのも、友人^^と、いう言葉に支えられて無事楽しい旅行をさせて頂きました。

そして、参加者19名のうち半数以上70%近くの方がここ2~3年の間に命にかかわる大病を経験され、いまだ不安を拭いきれない方々の参加にビックリいたしました。

良いか、悪いかは別として、
私は身体の不自由に繋がる怖れです。命をかける怖れとの差、深く考えてしまいました。

でも、皆さん明るく楽しい方ばかり・・・・
そして、優しい・・・
私、本当に恵まれています、を実感しました。
by kosuzume2 | 2011-11-12 07:16 |
line

こすずめ・こすずめ福持っておいで


by kosuzume2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31